April 20, 2010

STUDY HACKS!

STUDY HACKS!
STUDY HACKS!

キーワード:
 小山龍介、勉強、ハック、習慣、楽しみ
HACKS!シリーズの勉強本。以下のような目次となっている。
  1. Chapter 1 ツールハック 機能と形態
  2. Chapter 2 環境ハック 身体と環境
  3. Chapter 3 時間ハック すきまとながら
  4. Chapter 4 習慣ハック 愛着と定着
  5. Chapter 5 試験ハック 選択と集中
  6. Chapter 6 語学ハック リズムとゆらぎ
  7. Chapter 7 キャリアハック STUDYとSTUDIOUS
(目次から抜粋)
この本自体は去年の2月中旬くらいに読了していたのだけど、ついつい取り上げるタイミングを見失っていた。しかし、応用情報技術者試験の勉強やTOEICの勉強を通して何度か読み返していたこともあり、このタイミングで取り上げることにする。

本書の全体像を簡単に説明すると、勉強をストレスフリーのライフハックまで昇華しましょう、そしてそのやり方に沿えば、勉強そのものが楽しくなってくるものだと示されている。そして、理論なども交えて、かなり具体的かつ実践的なSTUDY HACKが89個も示されている。

実際に自分がいくつか試してみたものから恣意的に選んだものの結果、所感を示すことにする。

STUDY HACKS! 04 ヘッドホンで「別荘」を手に入れる

これは騒音が激しい電車の中でも勉強できるようにと、ノイズキャンセリング機能のヘッドホンを利用しろ、というものだが、自分の場合、普通のヘッドホンを利用していた。まぁ、カフェとかで勉強するとき、隣の人たちの会話が気になって勉強できないということが多いから、ヘッドホン(正確にはiPodのイヤホン)で音楽を聞きながら騒音を遮断するというのはかなり効果があったと思う。

STUDY HACKS! 10 はてなブックマークをRSS購読する

はてなブックマークなどのソーシャルブックマークサービスは、ほかの人が選別した優良コンテンツだけが届けられるものだと示されており、この部分を読んで実際に自分もRSSリーダーに登録するようになった。おかげで新聞を読まず、テレビもまったく見ない生活でも、なんとか世間の情勢を追えているなぁと実感している。もちろんネタっぽいものも多くて毎日追うと、無駄に時間を浪費してしまうので注意が必要だが。でも、面白いからいいんだけどね。これをRSSリーダーに登録しておくとよい。

STUDY HACKS! 17 お気に入りの喫茶店を勉強部屋にする

これは去年一年を通して実践したかもしれない。本書によれば、いつも知らない人が出入りしているという場所に自分を放り込んで、危機感を抱きながらやるとよいとある。これはなんとなくわかる。家だとネットとしてしまうし、誰の目にもふれられないから、さぼりがちになる。しかし、カフェだと常に人目にさらされるので、勉強しようという気がわいてくる。

あとは、自分の場合、お気に入りのカフェに行くと、店員さんや他のお客さんでやたらと綺麗な人がいたりして、モテを意識してかなり気合が入ったりという副次的な効果もあるwww

自分がよく行くのは、新宿三丁目のタリーズと西新宿のスタバ。どちらも土日だと混雑していない開店直後が狙い目。

このハックはかなり効果があったと思う。

STUDY HACKS! 18 自習室を借りて勉強する

緊張感を持つには、同じように必死で勉強している人たちといっしょに勉強するのも効果的と示されている。著者は六本木ヒルズのアカデミーヒルズ六本木ライブラリーをよく利用されているようだ。自分も一回だけここに体験講座みたいなので行ってみたことがあったが、ここはかなりよい環境だと思った。あとはアクセスや料金がネックになるかな。コンスタントに通えるかどうかとか。よい環境はかなり勉強によい効果をもたらすと思う。お金をかけて勉強をしているという意識も出てくるし。

他には、勉強カフェなんていいかもしれない。知り合いに教えてもらっただけで、実際に行ったことはないけど。

STUDY HACKS! 32 長時間勉強しない
STUDY HACKS! 33 すきま時間を活用する

時間に関して二つのハックがあり、社会人は長時間勉強することが難しいので、短時間で集中し、通勤時間、待ち合わせの時間などすきま時間を効果的に使うべきとある。これはかなり実感した。そもそも普通にフルタイムで働いていると、平日は特に90分以上連続で勉強することができない。なので、1回最長90分を限度とし、1日の中ですきま時間を把握し、そのすき間時間に合わせた勉強をするべきだなぁと思った。

具体的には、時間が取れる早朝は込み入ったものを、通勤時間は単語を覚えたり要点整理されたものなど頭を使わずにかついつでも始められたりやめられるものを、夜は30分くらい勉強するとして、簡単に参考書を復習するといったことがかなり効果的だった。

STUDY HACKS! 36 長時間眠る

社会人だと、本業への影響も考えなければならず、勉強のために睡眠時間を削って仕事のパフォーマンスが発揮できず残業するといったことになると、悪循環だし、睡眠時間を減らすと効率が悪くなるので、しっかり睡眠を取ったほうがよいとある。これはもうその通りだなぁということを実感した。

体質的に短時間睡眠ができず、最低6時間は眠らないと本当に日中の集中力が落ちて、本業のパフォーマンスが著しく低下する。本業を犠牲にしては本末転倒なので、これはかなり意識的に生活改善した。つまり、睡眠時間を確保しつつ、寝る時間、起きる時間をなるべく一定に保つようにした。今もずれは多少あるけど、あまり疲れなくなったし、朝しっかり起きれるし、しっかり寝たほうが集中力が増し、単位時間当たりの勉強効率が全然違う。

STUDY HACKS! 39 年間計画を立てて「積立預金」する
STUDY HACKS! 40 勉強カレンダーをつける

合格不合格を左右する要素の大部分は頭の良さの問題ではなく、時間のやりくりの問題であるとあり、さらに大きな年目標を月、週、1日とブレイクダウンしてやるべき勉強を洗い出し、それらをカレンダーに載せておくというものが示されていた。

これも今年は結構厳密にやってみたが、かなり効果があるのを実感した。試験予定日から逆算して何をどこまでやるかを洗い出し、月、週、日単位でスケジュールや時間割を立ててやるとかなり効果があった。

具体的には、今年の年始に取得する資格と試験日を洗い出し、大雑把に勉強スケジュールを立て、該当月に入ったら合格までに必要な参考書と勉強量を見積もって勉強を実践していった。

最初は予定と実績がずれてしまうが、それらを記録しつつ補正することで、無理のないスケジュール管理ができ、確実に成果が出ると思う。これがうまくできるようになると、タイムマネジメントが格段にうまくなると思う。

STUDY HACKS! 42 早朝をアウトプット学習に充てる

朝勉強したほうが能率がよいということは、この本に限らずいろんなところで示されている。そこで、すきま時間だけでは対応できないようなアウトプット学習を早朝に実践するべきとある。これは問題演習などを中心としたもので、朝の一番リフレッシュな頭を使うべきとある。

これは実践してみたが、まったくその通りだと思った。例えば、同じ問題集を解いていても、朝の進捗度合いと夜の進捗度合いでは、明らかに朝のほうが進むし、理解も速く、凡ミスも少ない。そういうことを体感してから、毎日6時から90分は勉強している。

STUDY HACKS! 50 ブログやSNSで進捗を報告する

他の人に勉強内容や進捗を公開しておくと、実行への強制力が働き、また他人へ報告することで自分自身へのフィードバック効果があると示されている。これもかなり効果的であると実感している。自分の場合はブログにまとまった進捗を報告するのではなく、Twitterでこまめに勉強過程をつぶやきながら進捗を記録していった。

勉強前につぶやくことで自分自身のスイッチを入れられるし、週単位で自分のつぶやきを振り返り、どの時間に何をどれだけやっているかがよく分かる。また、Twitterは気軽にできるし、何よりもフォロワーの方から応援メッセージをいただけたりして、モチベーション維持もできるのでかなりおススメ。自分のTwitterアカウントは上記なので、もしよかったらフォローどうぞ。最近はTOEICトレーニングのつぶやきがメイン。

STUDY HACKS! 72 ペーパーバックを多読する

これは、英語の勉強に関してで、リーディング力を鍛えるには英語の多読、特にペーパーバックがよいと示されている。辞書を使わなくても読めるような易しい内容から初めて、完全理解を求めず、つまらなくなったら別の本に移るとよいらしい。

現在実践中で、今後このブログでペーパーバックを多めに更新予定。

STUDY HACKS! 86 勉強の費用対効果

若いうちの投資は回収期間が長いので、どんな投資であっても回収可能で、回収期間の長い若いうちは、お金のある限り、どんどん勉強していくほうが得するとあった。これはまだ実感できないが、信じてやるしかないまた、以下特になるほどと思った部分をそのまま抜粋しておく。
 一番よくないのは、現状に流されて何もしないまま日常を過ごしてしまうこと。現代のように変化の激しい時代には、何もしないでいることのリスクが非常に高い。何もしないでいる人は、環境の変化に耐えられず絶滅していった恐竜と同じ運命をたどることになります。「若いうちの投資は(ほぼ)必ず回収できる!」ということをいい聞かせて、さらなる勉強へと自分自身を動機付けていきましょう!
(pp.255)
ということで、(`・ω・´) シャキーンな気持ちでがんばりたいと思う

思えば、著者の小山さんにお会いしたのは去年のバレンタインデーだったなぁ。あれから1年ちょっとすぎたけど、この本のおかげで確実に自分の勉強レベルが上がったと思う。

ハック本は実際に実践してみないと善し悪しが分からないので、勉強していこうと思う人はぜひこの本を読んで、自分ができそうなハックを試してみてほしいと思う。



STUDY HACKS!
STUDY HACKS!
著者:小山 龍介
販売元:東洋経済新報社
発売日:2008-02-28
おすすめ度:4.0

読むべき人:
  • 資格試験など激しく勉強していきたい人
  • ライフハック系のネタが好きな人
  • 楽しく学習しながら成果を出したい人
Amazon.co.jpで『小山龍介』の他の本を見る

bana1 STUDY HACKS!実体験クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星