September 19, 2010

英字新聞1分間リーディング

英字新聞1分間リーディング
英字新聞1分間リーディング

キーワード:
 ホーマン由佳、英字新聞、The Nikkei Weekly、スラッシュリーディング
The Nikkei Weeklyの記事が載っている英語リーディング本。以下のような目次となっている。
  1. Chapter1 FRONT (トップ記事)
  2. Chapter2 NEWS FOCUS (最新注目記事)
  3. Chapter3 BUSINESS BEAT  (特定企業)
  4. Chapter4 ASIA (アジア情報)
  5. Chapter5 TECHNOLOGY (先端技術)
  6. Chapter6 NEW PRODUCTS (注目の新製品)
  7. Chapter7 MARKETING (マーケティング)
  8. Chapter8 FEATURES (特集記事)
  9. Chapter9 PRICE REPORT (価格)
  10. Chapter10 TRENDS (トレンド)
  11. Chapter11 INSIGHT (社会の深層)
(目次から抜粋)
この本は、2009年4月から10月の間のThe Nikkei Weeklyに掲載された記事が100本収録されている。掲載されている英文は、見出し、リード(第1段落)の部分のみとなっている。この本はでは、英文記事にスラッシュ( / )が入っており、文頭からスラッシュで区切りながら意味を理解するというスラッシュ・リーディングという方法で読むことを推奨されている。以下一つ気になった記事でサンプルを示す。
Nikkei Survey shows dating to be about as exciting as a salad

Young adults think going out costs too much, takes time away from having fun

Young Japanese, / especially guys, these days are being described shosyokukei. // The term, / which the media is using quite liberally, / literally means herbivorous / and refers to their apparent lack of animal drive / toward dating and mating.
(May 18, 2009)
(pp.140)
このように区切りごとにスラッシュが入っている。左ページに英文と単語が示されており、右ページに訳と見出しの構造が示されている。一応上記の記事の訳を以下に示す。
草食男子はデートに消極的―日経調査
デートは費用がかさむし退屈だと考える若者たち

日本人の若者 / 特に若い男性は、近頃「草食系」と言われている。// この言葉は / メディアでよく取り上げられており / 文字通り「草食性の」という意味で / 一見してがつがつしていない男子のことを指す / 異性とのデートや交際に対して。
(pp.141)
このように日本語訳も英文とおなじ箇所にスラッシュが挿入されており、英文を頭から理解できるような日本語の語順となっている。

ちなみに自分は肉食系に憧れるリアル草食系(健康上の理由から基本ベジタリアン。まぁ、肉とかまったく食べられないわけじゃないけど)。今年はいろいろガツガツ行きたいと思っていたが・・・。

そして、上記のような構造を持つ本書に関して、効果的な使い方が以下のように示されている。
  1. 英語と日本語を併用しながら、見出し(あれば副題も)を一読。
  2. 英文をスラッシュごとに読む。わからない単語はVocabularyでチェック!
  3. 訳を参考にしながら、スラッシュごとに頭から理解。
  4. 「見出しチェック!」で見出し特有の文法を確認。
また、3回繰り返して読むことを推奨されている。そのため、各記事の訳ページの上に日付を記入する欄が3個載っている。

この本は結構良書だと思う。まず、記事量が多い。同じような英文記事読み込み系の本で、英文が100本も載っているのはあまりない。もちろん1段落までしか載っていないので、1記事あたりは短いが。その分、ジャンルごとの多様性があるので、自分の興味のある記事に当たる可能性が高い。

次にページ構成がよいこと。英文の量が長すぎないので、タイトルどおり1記事あたり1分で1回は読める。そして、左ページにスラッシュ入りの英文、単語、右ページに訳、英文独特の見出しの解説が載っているので、英字新聞に慣れやすいと思う。また、The Nikkei Weekly編集部によるコラムがいくつか載っており、それらもとても参考になる。

さらに英文自体が適切な難易度であること(自分自身にとってだが)。英文が難しすぎず、簡単すぎず、短い記事がたくさん載っているのは読み応えがある。Vocabulary欄に示されている単語はまだまだ知らないものばかり出てくるし、英字新聞独特の文章構造や見出しの言葉遊び的な部分を一読しただけでは分からない。しかし、訳や解説を読むと、なるほどと思う。

後はThe Nikkei Weeklyの記事内容が日本語の日経新聞に示されている記事が元になっているので、1年前くらいの時事ネタの復習になってよいと思う。

いくら読みやすい構成といえど、英字新聞独特の文章構造を把握せずに読むのは結構しんどいと思われる。本屋で立ち読みして、これはちょっと意味不明だと思うときは、先に以下の本を読むとよいと思う。この本で英文記事の構造を抑えてから、ある程度の文法、単語を覚えておけば、なんとか読めないこともない。

900円で新書サイズなので、通勤時間に読むのにかなり適している。1記事2ページ構成なので、乗り換えなどで読み込みが分断されても、割とすんなり対応できる。かなりおススメの本だと思う。

Vol.2も出版されていて、Reading Now〜



英字新聞1分間リーディング
英字新聞1分間リーディング
著者:ホーマン 由佳
日本経済新聞出版社(2009-12-15)
販売元:Amazon.co.jp

 読むべき人: 
  • 毎日まとまって英字新聞を読めない人
  • リーディングを強化したい人
  • 草食系男子だけど、英語で肉食系になりたい人(笑)
Amazon.co.jpで『英字新聞』関連の他の本を見る

bana1 英字新聞リーディングクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by “My”アフィリエイトスカウト事務局   October 25, 2010 21:22

突然のご連絡失礼いたします。
“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。

私はNTTコミュニケーションズが運営する“My”アフィリエイトの広告プログラムを優良サイト様へご紹介する活動をしております。

貴サイトを拝見し、大変充実した内容だと感じました。
ぜひオススメの商品・サービスに関連する広告バナーの掲載にご協力いただけないでしょうか。
詳細をご覧いただいてからご判断いただいて構いません。
特典もありますので、ご興味がございましたら以下のURLから詳細をご確認いただければ幸いです。

http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
※申込フォームには下記の情報をご入力ください。
エントリーコード『168』 、サイトURL『http://bookdiary.livedoor.biz/』
※11/8までに広告掲載にご協力いただいた方が特典対象となります

この度の連絡で不快な思いをされた方には大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星