April 02, 2011

決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3)

決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3) (NHK CD‐extra book)
決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3) (NHK CD‐extra book)

キーワード:
 杉田敏、ビジネス英語、NHKラジオ、リスニング対策、修行
NHKラジオ「やさしいビジネス英語」で1996年4月から2001年9月まで放送されたものが収録された本。以下のような目次となっている。
  1. Lesson 35 Ecotuorism エコツーリズム
  2. Lesson 36 Balanced Life バランスのとれた人生
  3. Lesson 37 Homeless ホームレス
  4. Lesson 38 Gay Marketing ゲイ・マーケティング
  5. Lesson 39 Work-Home Trends 仕事と家庭の傾向
  6. Lesson 40 Cyberspace Etiquette サイバースペースでのエチケット
  7. Lesson 41 Anti-Graffiti Campaign 落書きを消そう
  8. Lesson 42 Humor in the Workplace 職場でのユーモア
  9. Lesson 43 Business Casual 職場での服装
  10. Lesson 44 Digital Divide デジタル・ディバイド
  11. Lesson 45 Gainful Complaining 効果的な苦情
  12. Lesson 46 Super-Seniors 元気な年配者たち
  13. Lesson 47 Ideal Hotels 理想的なホテル
  14. Lesson 48 Babies in Middle Age 赤ちゃんを再び
  15. Lesson 49 Layoff Wave レイオフの波
  16. Lesson 50 Changing Population 変わりゆく住民像
  17. Lesson 51 Global Executive グローバルなエグゼクティブ
(目次から抜粋)
Vol.3からなので、章番号が途中からとなっている。Vol.3から始めたので、Vol.3から取り上げることにする。といってもVol.1はまだ途中で全然進んでないけど・・・。

Vol.1から同じような人物が登場し、シリーズの主人公、荒木裕美(38歳男性)が日本の広告会社からニューヨークにある中堅の広告企業に転職してきたことから、このシリーズが始まっている。別にVolごと、Vol内の章ごとにストーリーがつながっているわけではないので、Vol.3からでも充分利用できる。

この本を一言で評すると、やさしい』とタイトルにあるのは大嘘で、正直難しすぎて苦行に近い(笑)。しかし、ちゃんとやりとげれば英語力、特にリスニング力は格段に向上するのは間違いない!! それくらいこの本は優れている本で、ちゃんと成果が得られた。

内容の構成としては1LessionにつきVignette(ビニュエット:短い場面)が4つある。そして、1Vignette2ページ構成で、左のページに会話の英文、英文に出てくるWord&Phrase、右ページに英文に対する日本語訳、Vocabulary Buildingという内容になっている。もちろんCDつきで、PCでも起動でき、その場合は英文も表示できるようになっている。

この本は以下の勉強本で存在を知った。この本によれば、シリーズの2冊をきっちりやれば最低でもTOEIC800点は超えられるとあり、この本の使い方が示されている。自分も信じてやってみたら、ちゃんと効果があった。

以下、上記勉強本を参考にしつつ、自分なりのこの本の使い方を示しておく。

STEP1:最初にスクリプトを見ずに1 Vignetteを3回転聞く

リスニングで重要なのは、スクリプトを見ずにどれだけ聞き取れるかを確認することである。なので、最初はスクリプトを見ずに1Vignetteを3回転繰り返して聞く必要がある。自分はCDをiTunesに入れていたので、繰り返し再生設定をし、再生回数を見つつ、3回何も見ずに集中して聞いた。

1Vignetteは大体1分30秒ほどの長さなので、3回転で大体5分程度の時間となる。まぁ、1回転目に普通に聞くとまず意味が分からない(笑)。今となってはリスニングが満点近くあるけど、いまだに初めて聞いたものは、3割程度理解できるかどうか。この教材を使い始めたのは600点ちょいだったので、もうなにがなんだか(笑)。それほど難しい。

STEP2:スクリプトを見ながら聞き取れなかった単語に蛍光ペンでマークして2回転聞く

スクリプトを見ずに3回繰り返して聞いた後は、スクリプトを見ながら音声を聞き、会話文中のどの単語が聞き取れなかったかを洗い出すために、蛍光ペンなどで分からなかった単語をマークしていく。マークしていく基準は、知っている単語だけど、リエゾンで音が聞き取れなかったものや、そもそも知らない単語などがよいと思う。

このステップを2回転やれば大体どれほど聞き取れていないかが客観的に分かると思う。赤いペンを使うと、もう知らない単語、聞き取れない単語のオンパレードで英文ページが真っ赤になり、著しく打ちひしがれるけど、そこは気にしない(笑)。

STEP3:音声を流さずに、両ページの内容を読み込む

このステップは、内容の確認となる。まず、左ページの英文を自分の読めるスピードで1回読み込む。本書は単語レベルがそれなりに高いことが難易度を上げている要因の一つだが、それ以上に会話文としてはあまり見かけない構文で構成されているという側面もある。なので、ゆっくり読んで1文ごとに文章構成がどうなっているかを確認する必要がある。

また、左ページ下のWord&Phraseに単語と意味が簡単に示されているので、そこは3回から5回は連続で繰り返して頭に叩き込む。

そして右ページの訳を1通り読み込み、さらにはVocabulary Buildingを読み込む。さらに、STEP3の締めとして、左ページの英文1文読むごとに、それに対応する右ページの訳の部分を見ていく。そうすることで、文章の意味を暗記しやすく、知らない単語も日本語の訳で紐付けて覚えられるようになる。

英文と訳を確認したあと、まだ記憶が曖昧なWord&Phrase部分を何回か読み込む。

STEP4:スクリプトを見ずに再度3回転繰り返して聞く

Vignetteの内容が頭に入っているか、聞き取れなかった単語が聞き取れるようになっているかを確認するつもりで、3回転スクリプトを見ずに繰り返して聞く。この段階まで来ると、初めて聞いたときはまったく分からなかったものが、少なくとも6,7割程度の理解にまでは上がっているはず。

ここまでを1セットとして確実にやっておきたいところ。時間と集中力に余力があれば、STEP5として、音声CDに合わせて3回転シャドーイングするというのがよい。ここまでやれば1Vignetteの取り組みとしては充分となる。しかし、1週間もすると忘れるので、やはり復習が大事となる。自分は復習を怠ってしまったので、ちょっと効率が悪かった。

このSTEPの流れをやるなら、絶対に朝やったほうがいい。なぜならものすごく集中力を使うから。普通に問題集をこなすよりも大変。夜にやってみたら、眠気と仕事の疲労で同じSTEPを実行したはずなのに、朝よりも3割ほど多く時間がかかってしまった。

また、STEP4までなんとか30分以内にやるのが理想。STEP5のシャドーイングによる音読までやると、だいたい45分ほどかかる。これ以上やり進めるのは正直しんどすぎるので、1日1Vignetteのペースがよいと思う。

復習は、週1回程度、iPodに入れて散歩しながら聞き込むとよいかもしれない。その場合は、今まで学習したLessionの部分までを聞けばよいと思う。散歩リスニングは、家でPCの前で聞いているよりも集中できるのでお薦め。

1日1Vignetteで毎日やれば、17Lession×4Vignette = 68日、約2ヶ月ちょいで終わる計算になる。とはいえ、毎日はなかなか難しいかな。自分はなんだかんだ言って、これ1冊完了させるのに1年近くはかかってしまった。本当に地道にやらないとなかなか進まないタイプの本なので。

単語レベルも難しいし、文章構成も普通の会話ではあまり見かけないものが多いし、リスニングスピードもかなり速い。TOEICのPart3の倍ほどの長さのスクリプトなので、この本で鍛えておけば、Part3は止まって聞こえるくらいにはなるかも。まぁ、最近のTOEICはだんだんスピードが速くなっているから、確実に対応できるわけではないが。

それでも、これ1冊を上記で示したSTEPでやり遂げると、確実にリスニングは450点までは上げられると断言してもいい。他にリスニング対策本とかあまりやらなかったけど、これは本当に効果があった。むしろこれだけに絞って繰り返して聞いたほうが効率的かもしれない。

しかし、この本はすでに絶版となっていて、Amazonではマーケットプレイス経由でしか手に入らないのが残念でならない。大き目の書店に行けば、Vol.3ならなんとか置いてあるところがあるので、書店で買うのがよいかもしれない。まぁ、マーケットプレイスで高めに買うことになっても、充分元は取れるので、探し回るのが面倒な人はアマゾルのがよいかもしれない。

もしくは、同著者のNHKラジオシリーズで似たような構成の本がAmazonでも書店でも買えるので、そっちをやるのでもよい。さらに、以下のネットのNHKラジオでもいいかもしれない。どちらにしても、本の場合、収録されているテーマが普通に読んでもとても面白いものなので、英語の勉強をするという意識よりも、アメリカのビジネス文化を学習するという気持ちで取り組めることができる。

やり遂げるには本当にしんどい本で、修行しているような感じだったけど、効果は抜群だった。リスニング対策としては、絶対にこれをお薦めする。



決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3) (NHK CD‐extra book)
決定版やさしいビジネス英語 (Vol.3) (NHK CD‐extra book)
著者:杉田 敏
販売元:日本放送出版協会
(2003-03)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • TOEICのリスニングで450点は取りたい人
  • 面白い内容の音声CDで学習したい人
  • 苦行をやり遂げてみたい人
Amazon.co.jpで『杉田敏』の他の本を見る

bana1 ぜんぜんやさしくないクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星