April 23, 2011

1駅1題 新TOEIC TEST単語特急

1駅1題  新TOEIC TEST単語特急
1駅1題 新TOEIC TEST単語特急

キーワード:
 森田鉄也、TOEIC、単語、増強、グルグル勉強法
TOEICのPart5によく出る単語問題本。以下のような目次となっている。
  1. はじめに―どうしてこの本を使ってほしいのか?
  2. 第0章 トレーニング・プログラム
  3. 第1章 「スコアアップにつながる単語力」をつける8題
  4. 第2章 頻出動詞問題18
  5. 第3章 頻出名詞問題12
  6. 第4章 頻出形容詞問題17
  7. 第5章 頻出副詞問題17
  8. 第6章 前置詞・接続詞問題8
  9. 第7章 実力チェック問題10
  10. 第8章 挑戦!超ハイスコアレベル問題10
(目次から抜粋)
特急シリーズの主にPart5での単語問題に特化している本で、何度もTOEIC満点を取っている著者によって、スコアアップにつながる単語力が身につけられるようになっている。

本書の収録問題数は、目次にあるとおり、全部で100問となっている。100問となると、若干少ない気もするが、今振り返ってこの本に収録されている問題を見ると、何度か本試験で出てきたなぁというのが多いと思う。なので、問題の信頼性はかなり高いと思う。

本書の構成は、文法特急と基本的に同じとなり、右ページに問題が1つ、その下にヒント、そしてページをめくったところに解説が1ページ費やされている。文法特急は文章構造に着目したりして問題を解いていけるようになっており、その分解説が詳しく示されているが、単語特急はそこまで詳しい解説ではない。それは、そもそも語彙問題は構文先行型アプローチでは解けず、単語の意味を知っているかどうかで決まるので、そこまで解説を詳しく書きようがないというのもある。

なので、解説の量が少ない分、問題に出てくる単語の使い方、同じ意味の他の表現、派生語が豊富に示されていて、読んでいるだけで関連単語まで増強できる。さらに著者は言語学を専攻されているという専門性もあり、単語の接頭語や語源などにも言及されており、単純にTOEICのためだけの英語勉強にならないようになっていてよい。

また、本書はグルグル勉強法ができるように各問題5回転、やった日付の記録ができるようになっている。グルグル勉強法とは、間違えた問題だけを何度も繰り返す勉強法で、以下の本の著者が示しているものである。この本に示されているやり方を単語特急でもできるように考慮されている。

自分もグルグル勉強法を他の問題集などで取り入れてみたけど、かなり効果があったと思う。間違えた問題にチェックをしていき、また繰り返すと同じところで間違えたりしているのが分かったりする。ただ、間違えていない問題も繰り返していたので、効率性はかなり下がってしまったけど、まぁ、結果的に点数アップができたのでよいかなと思う。

単語特急も3回転は繰り返した。本当はどの問題を間違えたかチェックをしていけばよかったのだけど、通勤時間の電車の中で読んでいたので、あまりペンを持って記録できなかったというのもある。だからとりあえず全問題を繰り返すことにした。

最初の2回転くらいで覚えたと思っていても、3回転目に確認の意味でやってみると、やはり同じ問題で間違えていたりする。Part5の文法、単語問題は最低でも3回転は繰り返さないとまったくものにならないということが身にしみて分かった。繰り返すなら短期間で回転数を上げたほうがよい。

本書は新書サイズで250ページの100問構成なので、1回転は早く終えられて、TOEIC勉強に慣れていない人にとっては、単語問題本を一つ終わらせられるという自信につながると思う。シリーズ2冊目もあるので、そっちもチェックして単語増強を図ったほうがよい。




1駅1題  新TOEIC TEST単語特急
1駅1題 新TOEIC TEST単語特急
著者:森田 鉄也
朝日新聞出版(2009-10-07)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • Part5の単語強化をしたい人
  • 単語の語源などに関心がある人
  • グルグル勉強法を試してみたい人
Amazon.co.jpで『TOEIC 特急』の他の本を見る

bana1 単語特急語彙増強クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星