May 11, 2011

極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST Part7

極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST Part7
極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST Part7

キーワード:
 イ イクフン、TOEIC、Part7、トレーニング、修行
TOEICのPart7の優れた対策本。今回は本書の構成が胆なので、目次は省略せずにすべて示しておく。
  1. Chapter 1 読解入門
    1. Unit 1 文章のパターンとフォームを理解する
    2. Unit 2 詳細情報を把握する
    3. Unit 3 語彙とParaphrasingの力をつける
    4. Unit 4 文脈上最も近い意味の単語
  2. Chapter 2  1つの文書(Single Passage)
    1. Unit 1 大意を把握する
    2. Unit 2 正確な情報を把握する
    3. Unit 3 推論問題
    4. Unit 4 Single Passageに慣れるための実践問題
  3. Chapter 3 2つの文書(Double Passage)
    1. Unit 1 詳細情報を把握する
    2. Unit 2 関連情報を把握する
    3. Unit 3 Double Passageに慣れるための実践問題
  4. Chapter 4 Part7に慣れるための実践問題
(目次から抜粋)
TOEICの対策本コーナーに行くと、リスニング対策本、Part5などの文法問題集はわりと豊富にあるのだけど、そもそもPart7だけに絞られた対策本が少ないというのもあって、Part7の決定版になるようなものがほとんどない。しかし、これはその決定版となりえる本だと思う。

目次を見ると分かるように、本書の特徴は、他の凡百なリーディング対策本にはない細かい部分トレーニングができることにある。つまり、いきなり模試のように本試験に近い形の問題を解きまくるというのではなく、読解の基礎的な部分、語彙の言い換え問題だけをトレーニングしたり、文章のパラフレーズ(言い換え)問題だけをトレーニングしたりできるようになっている。

そのどれもが、基礎的な部分から段階を追って難易度が上がっていき、量をこなしつつ最後に実践問題で確認するという構成になっている。これはとても優れている構成で、他の対作本にはない特徴となっている。

この構成は、スポーツで言うと、いきなり試合をして量稽古をするというよりも、個別の動きを徹底的に練習するのに近い。例えば最近自分が始めたゴルフで示すと、いきなりゴルフ場でプレイするというのではなく、まずはフォームの基礎を作り、スイングの型を覚え、そして打ちっぱなしで量をこなし、最後にゴルフ場で試合のやり方を覚えるという一連の流れに似ている。本当に読解能力の向上を目的とした内容であることがよく分かる。

また、各問題の解説にかならず割と簡単な単語でも意味が示されているのもよい。四角いチェックボックスがあるので、知らない単語などをチェックしていくことができる。リーディングにおける読解力を上げられると同時に、語彙もかなり増強できる。

Part7の問題を解くための基本的なコツが以下のように5つ示されている。
  1. 設問を先に読む。
  2. わからない単語は飛ばす。難しい文書よりも易しい文書を先に読もう。
  3. 正解はparaphraseされて示される。
  4. 正解を選ぶに当たっては、文章中に確実な根拠を押さえなければならない。
  5. 設問1つ当たり1分で解けるように時間配分をしよう。
    (pp.10)
3は必ずしもすべての問題で当てははまるわけではないので注意。

一番重要なのは4,5となる。あてずっぽとか、何となくこれ、って選ぶとそれは確実に間違えたと思っていい。なぜなら、TOEICはかなり引っ掛け問題が多いから、何となく選んだものはTOEICの巧妙な!?罠に引っ掛けられたと思っていい(笑)。特にNOT問題は一つずつ確認しないといけない。

さらにPart7は時間配分がとても重要。Part7は48問構成なので、1問1分ペースで行くと、48分で終わる計算になるが、最初のほうの問題は1分もかからないかわりに、176問から180問あたり、つまりシングルパッセージの最後は難易度の高い問題が出てくるので、1分ペースでは解きにくい。なので、なるべく平均1問1分ペースを意識する必要がある。

これには、日ごろ問題を解くときから、ストップウォッチを使用して時間感覚を体で覚えておくしかない。音の出ないキッチンタイマーとかお薦め。また、自分は本試験で1問1分ペースをきっちりこなせるように、わざわざデジタルの腕時計(Nixonのやつ)を買った。

本書は368ページとわりと分厚いほうだけど、豊富なトレーニング構成となっているので、飽きることなく問題を解いていくことができると思う。割と1回転するのは他の極めろ!シリーズよりも楽だと思う。自分は2回転しかできなかったけど、確実に物にするには、やはり3回転はやっておきたいところ。3回やれば、今度は『解きまくれ! 』シリーズで、試合をして量稽古すればよいと思う。

他の極めろ!シリーズとあわせて全部3回転きっちりやれば最低でも800点は余裕だと思う。まぁ、3回転きっちりやりこなすのは、とても時間がかかって大変なのだけどね。本当に全部修行のようなものだから(笑)。ただし、その厳しい修行を乗り越えれば確実に点数アップは間違いない!!



極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST Part7
極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST Part7
著者:イ イクフン
スリーエーネットワーク(2009-12)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • Part7が苦手な人
  • これといったPart7対策本がないと思っている人
  • 体育会系で何かスポーツをやっていた人
Amazon.co.jpで『イ・イクフン』の他の本を見る

bana1 スポーツトレーニングクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星