May 18, 2011

新TOEICテスト 1週間でやりとげるリーディング

新TOEICテスト 1週間でやりとげるリーディング
新TOEICテスト 1週間でやりとげるリーディング

キーワード:
 中村澄子、リーディング、1週間、問題集、要点
TOEICのPart7問題集。以下のような目次となっている。
  1. 1日目 メール
  2. 2日目 記事
  3. 3日目 手紙
  4. 4日目 広告
  5. 5日目 イベント紹介文
  6. 6日目 ダブルパッセージ
  7. 7日目 パート7模擬試験にチャレンジ
(目次から抜粋)
Part7の問題集で、要点が絞られた内容となっている。また、カバーの内側に本書の特徴が示されているので、それを以下に抜粋。
  1. 1日1テーマずつ、「長文読解」攻略のポイントを身につけて、1週間でマスターできるように構成されています。
  2. 問題文・設問ともに、最新の出題傾向に基づいたよく出るものを厳選しています。
  3. 「サンプル問題」でじっくり理解→「実戦問題」で効率的に実力を磨くことができます。
  4. 7日目には「パート7模擬試験」で、しっかり力試しができます。
  5. カリスマ講師、中村澄子先生による解説で、英文から「情報を取る方法」がよくわかります。
本書は表紙にあるように、750点が目標となっている。750点前後を取得するには、Part7で10問ほど未回答のまま時間切れになってしまってはダメなので、荒くてもよいから最後まで問題を解くべき、というのが本書の趣旨となる。

そのため、記事、手紙、メールなどのよく出る文書で見るべきところがポイントを絞って解説されている。大体はすべて読むのではなく、関係のありそうなところをスキャンしながら探り当てる方法が示されている。

最後まで問題を解くことが目的であればスキャンでもよいと思う。ただ、根本的な英文読解能力がないと、そもそもどこが設問に関係する部分かを探し当てて、それに確信を持って正解であると判断するのはかなり難しいと思う。なので、スキャンしながら該当箇所を探しているうちに大分時間をロスするということが十分ありえる。

本書に限らずリーディング対策本に示されているような該当箇所を捜し当てる方法を実際にやっていたけど、結果的に点数が伸び悩んだ。何となくここだろうと探り当てても、どうしても確信を持てずに迷って、時間配分が狂うということがよくあった。

そのため、根本的な読解スピード上げて、時間内に全文読み込めるようにした。全文読み込めば、文書の全体像が把握でき、確信を持って正解を選択することができた。全文読み込みするというアプローチは、一見非効率のように思えるが、精読できて正答率が上がるので、最終的なリーディングの点数上昇率が全然違ってくる。

なので、何点を目指すのであっても、スキャンによる該当箇所を捜し当てるのは一つのテクニックと割り切って、全文読み込めるような基礎的なスピードを上げることを意識したほうがよい。

本書は180ページとページ数が少なめで、最後の模試以外を1日60分ペースで取り組むと、大体1週間で完了できると思う。問題数はそこまで多くない反面、短い期間で要点を繰り返して学習できる。ちゃんと各問題に3回チェックする部分が示されているので、それを利用しておきたいところ。自分は2回転しかやらなかったけど。

初版が2009年12月末なので、最新傾向を反映しているということはないだろう。しかし、Part7はそこまで大きく傾向が変わるようなものではないので、本書でも十分対応可能かと思われる。

本書の問題の難易度は若干高めかな。割と本試験でも出てこないような単語が使われているし、すでに750点が超えているときにこの本を初めてやったけど、そんなに簡単だとは思わなかった。860点以下の人は、謙虚にこれをやって1問も間違えないようにしたほうがよいかも。

他に優れたリーディング問題集が出てきているので、必ずしも本書をやるべきとは思わないが、1週間でよく出る文書のパターンを学習できるのはかなりの利点だと思う。本試験まで時間がないけど、要点だけを学習したい人には向いていると思う。

同著者のTOEIC本は以下もある。純粋なPart7対策本としては、『TOEIC TESTリーディングの鉄則』よりも、本書のほうがより本試験に近い内容だと思う。

もちろん、この問題集を1回転やっただけでは750点は難しいので、最低3回転やり、その他に単語も覚えて、日ごろから英文読み込みをする必要があると思う。リーディングだけは、テクニックを身につけたとしても、1日にしてならず。



新TOEICテスト 1週間でやりとげるリーディング
新TOEICテスト 1週間でやりとげるリーディング
著者:中村 澄子
中経出版(2009-12-25)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • リーディング問題集を挫折せずにやりたい人
  • 本試験まで時間があまりない人
  • リーディングが400点以下の人
Amazon.co.jpで『中村澄子』の他の本を見る

bana1 1週間速習リーディングクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星