January 22, 2012

最短で結果が出る超勉強法

最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)
最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)

キーワード:
 荘司雅彦、勉強法、資格試験、弁護士、自己投資
東大卒の弁護士による勉強法本。以下のような目次となっている。
  1. 第1部 スタートはモチベーションアップがいちばん大切だ!
    1. ルール01 1冊の基本書にすべての情報を集中させよう
    2. ルール02 道具選びは機能性とオシャレ性を重視しよう
    3. ルール03 強力な勉強仲間を作ろう
    4. ルール04 「試験を目標にする」のはとても効果的だ
    5. ルール05 「成功のイメージ」を潜在意識に刷り込もう
    6. ルール06 勉強こそ若返りに最適である
    7. ルール07 自分で自分の限界を設定するな
  2. 第2部 続ける秘訣は「楽しく勉強すること」にあり!
    1. ルール08 自分の心に「ご褒美」を与えよう
    2. ルール09 学んだことを「長期記憶」として定着させよう
    3. ルール10 詰め込みと丸暗記は「善」だと思え
    4. ルール11 勉強の時間帯は気にするな!
    5. ルール12 マトリクス計画表が効果を倍増させる
    6. ルール13 右脳のパワーを徹底的に利用しよう
  3. 第3部 一気に成果を上げる最強のヒント
    1. ルール14 「突っ込む癖」で論理力を養おう
    2. ルール15 五感をフルに使って勉強しよう
    3. ルール16 教材は「迷ったら買い」を肝に銘じよ
    4. ルール17 資格や学歴は取れるときに取っておこう
(目次から抜粋)
著者は東大文Iに合格したり29歳で野村投信を辞めて司法試験を受験し、脱サラ後に当時最速の約2年で合格したようだ。さらに著者独自の勉強法を娘に試したところ、東京の女子御三家と呼ばれる中学にすべて合格できたようだ。そして『資格試験や入学試験の合格からキャリアアップまで、「一定のパフォーマンスを上げるための最短距離」を発見することこそ、勉強の方法論の役割』と示しつつ、『はじめに』で以下のように示されている。
 今、世界を席巻しているグーグルやマイクロソフトなども、創業者が最初から大金持ちだったわけではありません。彼らは「知」の力で、世界を制覇したのです。
 こういう傾向は、将来はもっとはっきりしたものになります。すなわち、「知を持つ者」のみが、社会的成功を手にすることになるのです。わが国の「ネット長者」たちも、すべて自らの「知」で勝負した人たちばかりではありませんか。
 本書は、資格試験や入学試験に取り組む人たちに、「最短で目標をクリアする方法」をお伝えするのを、一つの目的としています。しかし、そのような決まった目標だけでなく、広く「知」を磨き、それを武器としてキャリアアップを図り、充実した仕事をしたいと願うすべての社会人のためにも、さまざまなスキルを紹介しています。
(pp.12)
4月に情報処理試験のレベル4のデータベーススペシャリスト試験を受験しようと思っており、勉強方法の確認、改善を目的として読んでみた。真新しい部分は少ないけど、特に気になった部分を以下に列挙しておく。
  • 「分量の少ない本を、わからない部分は気にせず、何度も回転させる」ことを第一に考えましょう。
  • 「ツールの準備に時間をかけすぎないこと」や「道具に凝りすぎないこと」が、何よりも重要です。
  • 最も効果的な勉強法の一つは、「誰かに教えること」なのです。人に教えることによって、自分の理解度や記憶は大きく伸びます。
  • よき勉強仲間というのは、合格への原動力になるだけでなく、人生そのものにとっても非常に大切な存在になるのです。
  • 何かを勉強しようとするときには、「決まった日に行われる試験を受験しなければならない状況」に自分を置いてしまうのが、最も手っ取り早い方法です。
  • 勉強の最大の妨げは、「自分自身が設定する限界」なのです。自分に限界があると思ってしまっては、能力は伸びません。
  • 私は断言しますが、しっかりした勉強の習慣を身につければ、学習効果に年齢はまったく関係ありません。
  • 「時間と効率のためには、金を出し惜しんではならない!」
まぁ、こんなところかな。

特になるほどと思ったのは、以下の「自分で自分の限界を決めれば、後は死を待つのみ」という部分。
 これは私の個人的な考えですが、あらゆることに関して「自分には限界がある」と思ってはいけません。何事も、自分で自分の限界を設定してしまえば、残りの人生は「ただ死を待つだけの時間」になってしまう。私はこう考えています。
 私たちはたぶん、「死」というものをあまり意識しないで生活しています。しかし、今生きているあらゆる人間が、間違いなく「死」に向かって、日々前進しているのです。ですから、ある時点で自分の限界を決めてしまったら、後はこの世を去るまでの待機時間になってしまいます。
 そうなったら、勉強する意味など何もありません。
単に死を待つだけになってしまったら、脳の力をアップさせて充実した人生を送ろうとすることなど、まったく無意味になります。
(pp.103)
これはとても共感できた。もちろんスポーツなどに関することであれば肉体的な限界は来るかもしれないが、勉強や仕事に関しては限界などそんなにないのではないかと思う。それらに関しては以前から激プッシュしている以下の本に示されている。始めるのに遅すぎることはないなぁと自分もここ2年の資格試験勉強を通して実感している。ただ、早く始めたほうが勉強したことのリターンをより長い期間得られるのは確かだから、なるべく早めに勉強の方法論を自分のものにして使いこなせたほうが絶対いい。

大体20代で働きながらの勉強習慣、方法論を身につけられるかどうかで30代以降の成長性が決まると思う。20代は体力とか勢いで何とかなる部分もあるけど、ある程度の年齢を重ねると勉強できないと絶対越えられない壁があるような気がする。

また、弁護士なども含めた資格試験や学歴全般に関しては、著者はそれだけでは食っていける「十分条件」ではないが、一定の範囲内では「必要条件」と示している。これもなるほどと思った。

個人的に資格試験を取得する、TOEICなどのある一定以上の点数を取得するというのはゴールではなく、スタートラインに立ったに過ぎないのだと思っている。『ハンター×ハンター』のハンター試験のように、表向きはライセンス取得だけで終わっているけど、裏ハンター試験としての念能力の習得までが本当の試験みたいなイメージ。どんな分野の職業であろうと、資格を取ってからが生き残り、または成功をかけた厳しい修行が始まるのだと思う。資格試験はそのきっかけに過ぎないのかなと。

資格試験に限らず成果を出すことを意識したお勉強はできるようになっておいたほうが絶対いいし、それができれば人生楽しくなってくると思うよ。分からなかったことが分かっていくプロセス、また習得した知識体系が有機的に他の分野とつながっていくのとか面白いなぁと思う。それが勉強、言い換えれば学習(理想は楽習)の醍醐味なのだと思う。

ということで、アグレッシブに修行したい人は本書などを参考に勉強してみたらいいと思う。自分は4月15日のデータベーススペシャリスト試験に向けてまた計画的に出社前の早朝に勉強中。勉強状況などはTwitterでつぶやいているので気になる人はフォローどうぞ。




最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)
最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)
著者:荘司 雅彦
販売元:講談社
(2007-06-26)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 受験生の人、または親の人
  • 司法試験などの難関資格の取得を目指している人
  • 成功者になりたい人
Amazon.co.jpで『荘司雅彦』の他の本を見る

bana1 勉強方法論クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 男を遠ざける「自分磨き」「自分へのご褒美」自己投資が大好きな女たち  [ 恋愛コラムリーダー 〜Love Column Reader〜 ]   May 06, 2012 17:04

英会話、ダンススクール、ヨガ、ゴルフ、料理、お菓子作り、エステ、ネイル……。習い事や美容、自分への投資を絶やさない女性たち。自分への投資…いわゆる「自分磨き」というやつである。自分を高めること、上...

コメント一覧

1. Posted by 酒井利美   March 19, 2012 19:24

1冊の基本書基本書に
すべての情報を集中させるなど、
たいへん参考になりました。

ありがとうございます。

2. Posted by Master@ブログの中の人   March 19, 2012 22:48

>>酒井利美さん

こちらこそコメントありがとうございます!!

お役にたてて何よりです

3. Posted by 短時間睡眠法に挑戦   December 15, 2012 20:38

モチベーションアップがいちばん大切だ! は、本当にその通りだなーと、私も塾の講師をしながら教えていますので、体験からもそれを痛感しています。モチベーションが高ければ、それに比例して集中力も高まり、集中力が高いほど、記憶に定着しやすいと感じています。

4. Posted by Master@ブログの中の人   December 15, 2012 20:53

>>短時間睡眠法に挑戦さん

コメントありがとうございます!!

塾講師をされていらっしゃるのですね。モチベーションさえ維持できれば、自然と成果は出てくるのかなと思います。

5. Posted by 短時間睡眠法に挑戦中   February 21, 2013 20:06

塾の講師をしている関係上、とても気になって読みましたが、わかりやすく、参考になる部分が多々ありました。

6. Posted by Master@ブログの中の人   February 21, 2013 23:03

>>短時間睡眠法に挑戦中さん

読了されたのですねおっしゃる通り、とても参考になる部分が多いですね。

最近資格を新たに取得しましたが、この本のように回転数を上げることを意識した結果うまくいきました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星