March 18, 2012

聖闘士星矢

聖闘士星矢 1 (集英社文庫―コミック版)
聖闘士星矢 1 (集英社文庫―コミック版)

キーワード:
 車田正美、戦い、神、正義、愛
聖闘士星矢の文庫版、全15巻。あらすじ的なものはWikipedia参照。過去に1回だけ漫画喫茶で通読したのだけど、以前参加したスゴ本オフの『戦争』がテーマのときの戦利品として全15巻を譲り受けた。前から文庫版を集めようかなと思っていたところだったので、思わぬ収穫であった。ちなみに、自分は『スカイ・クロラ』で参戦した。

聖闘士星矢を持参された方曰く、この物語は『人間の神への挑戦』ということらしい。物語としては聖域編、海皇ポセイドン編、冥王ハーデス編と3部作となっているが、それぞれ神になろうとした双子座(ジェミニ)のサガ、全知全能の神ゼウスと双肩するポセイドン、そして冥界の神ハーデスへと星矢たち青銅聖闘士が戦いを挑んでいくというお話(若干守るべきアテナに翻弄されつつも・・・)。

数年ぶりに読んでみると、内容をさっぱり忘れていて、また楽しめた。熱い。まさに小宇宙(コスモ)が燃え上がってくるような感覚。ジャンプ黄金時代に連載されていて、友情、努力、勝利を体現しているような作品だったなぁと。まぁ、細かいところに突っ込まざるを得ない部分が多いのだけど(笑)。やたらと死にかけの状態で何度でも立ち上がってコスモを燃やせば戦闘中に強くなり、お前ごときに絶対やられるはずがないと自信たっぷりの敵が『なにぃ!!』と言いながら結局やられるという展開とか。

あとは、黄金聖闘士中、エイトセンシズに唯一目覚めている乙女座(バルゴ)のシャカとか、仏教徒が聖闘士として活躍するのはまぁいいのだけど、超必殺技、天空覇邪魑魅魍魎で背景画に天使が出てきたりとかwwそこはなんというかもうちょっと仏教の天上天下唯我独尊的なイメージでもよかったのではないかとか。

だが、戦闘はテンポよく進み、ページ見開きの必殺技の派手さ、ネーミングセンスは圧巻であり、迫力満点。もう宇宙とか異次元空間とか幻覚を見せたりとかそれぞれのキャラ特性、星座特性を活かした大技が繰り広げられて、自分もついなんか必殺技名を声高に叫びたくなるwwペガサス流星拳、廬山昇龍覇、ダイヤモンドダスト、ネビュラストーム、鳳翼天翔って感じで!!でも紫龍や氷河、瞬は必殺技をたくさん覚えていくのだけど、星矢だけは終始ペガサス流星拳だけで戦っていた印象が強く、なんか超必殺技がほしかったなぁと思った。

あと、聖衣はいいね!。もうかっこいい。聖衣(クロス)から鱗衣(スケイル)、冥衣(サープリス)、そして神聖衣(ゴッドクロス)といろいろ種類があるのがいいね。自分は特に黄金聖衣がいいかな。12星座それぞれのデザインがすばらしい。自分は水瓶座なので、ついついカミュの聖衣に肩入れしてしまう。この黄金聖衣、実物大のレプリカが昔秋葉原で展示されているのを見に行ったことがある。神々しく光り輝いていた。絶対自分が着ても似合わないだろうけどww

あとはキャラ設定とか伏線の貼り方もわりと面白いなぁと思う。漫画全体としては、こまけーことはいいんだよ!!っていう感じで詳細に目をつぶると、王道バトル漫画の教科書的な内容かなと思う。画力あり、話の展開は割と見えない、死んだキャラが復活して活躍する、ブロンズ、シルバー、ゴールドなどの階級、ギリシャ神話、神といった設定もすばらしい。

聖闘士星矢シリーズは他にも結構たくさん出ていて、それらも当たってみたい。以下がとても参考になる。そして、聖闘士星矢のオリジナルアニメ、聖闘士星矢Ωが4月1日からスタートなので、これも見逃せない!!聖闘士星矢を読むと、熱い気持ちになれつつも、絶望的な状況でも最後まで諦めない大切さみたいなものを教えてくれる気がした。そして、熱い気持ちで修行したい人はこれらのシリーズ全部読むべきかなとwwコスモが燃えてくること間違いなし!!!!



聖闘士星矢 文庫 全15巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)
聖闘士星矢 文庫 全15巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)
著者:車田 正美
販売元:集英社
(2011-02-28)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 王道バトル漫画が好きな人
  • ギリシャ神話とか神設定が好きな人
  • 熱い気持ちで日々過ごしたい人
Amazon.co.jpで『聖闘士星矢』の他の作品を見る

bana1 コスモを燃やせクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星