July 22, 2012

グラス片手にデータベース設計〜販売管理システム編

グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 (DBMagazine SELECTION)
グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 (DBMagazine SELECTION)

キーワード:
 梅田弘之、DB、業務モデリング、販売管理システム、カクテル
販売管理システムの業務ノウハウと設計技術が解説されている本。以下のような目次となっている。
  1. Part1 業務システムの概要とマスタの設計
    1. 第1章 販売管理システムの全体像
    2. 第2章 基幹業務システム構築のポイント
    3. 第3章 部門/社員/商品マスタの設計
    4. 第4章 取引先(顧客/仕入先)マスタの設計
  2. Part2 販売システムのDB設計
    1. 第5章 受注業務のDB設計
    2. 第6章 出荷/売上業務のDB設計
    3. 第7章 請求業務のDB設計
    4. 第8章 回収業務のDB設計
  3. Part3 仕入/在庫システムのDB設計
    1. 第9章 発注/仕入業務のDB設計
    2. 第10章 入庫/倉庫移動業務のDB設計
    3. 第11章 在庫管理業務のDB設計
    4. 第12章 仕入/支払業務のDB設計
    5. 第13章 業務全般に関連する処理のDB設計
(目次から抜粋)
本書は、販売管理をテーマに業務処理ノウハウとDBシステム設計が解説されている。ここで言う、「販売管理」は、販売管理システム、在庫管理システム、調達管理システム、会計システムの枠内に入る債権管理、債務管理までを含め、単なる販売だけではなく、そのための商品の調達、在庫する仕組みや請求/支払処理までを分かりやすく解説されている。

そして本書の特徴として、教科書通りの業務知識を語るのではなく、実践的な生きた業務ノウハウを具体的なデータベース設計まで落とし込んでいる点、と示されている。

今の仕事は、別に販売管理システムが対象ではないのだけど、自分のタスクとしてデータベース設計がありえたので、予習と設計ノウハウで参考にできる部分がないかと思って読んでみた。本書はすごく分かりやすかった!!これは似たようなシステムを運用していた1,2年目のときに読みたかったなぁと思った。

本書で示されていて一番なるほどと思ったのが、『業務ノウハウ不滅の法則』というもの。これは、業務アプリケーション開発に必要な技術としてはOracleやSQL ServerなどDBの知識だったり、C#, Javaなどのプログラミング言語、その他モデリング手法、プロジェクト管理などもたくさんある。しかし、業務知識や業務システム設計についてはあまり技術として触れられていなかったことから、著者の今までの経験から業務システムのノウハウを体系的にまとめたのが本書となり、『業務ノウハウ不滅の法則』は以下のように示されている。
 次々に新技術が誕生しては消えていくIT業界ですが、プラットフォームがどんなに変わろうとも、業務ノウハウは変わりません。業務ノウハウは一度身に付けたら、ずっとあなたの財産になります。まさに、「業務ノウハウ不滅の法則」なのです。
(pp.25)
これはすごく納得がいった。

企業のエンタープライズシステムを構築したり業務システム構築を対象範囲としているSEが、この先生き残っていくために必須の知識、技術がこの業務知識や業務システムの設計のノウハウなのではないかなと。昨今話題のクラウドなどの新技術の台頭、人月単価の安いオフショアなどによって、今後フルスクラッチ新規開発案件が減少していく傾向にある。そのときに、単純な機械系の技術力だけでは勝負できなくなって仕事がなくなっていくのだろうなと。もちろんハイパーな人は機械系の技術力だけでも行けるかもだけど、それはかなり少数派だろうね。

ではどこで差別化を図るかというと、著者も示しているようにやはりお客様の業務知識をしっかり分かっているという部分だね。業務知識が分からずに何となくこんな感じだろうと設計していくと、お客様の業務に支障が出たり、システムに業務運用ルールを合わせなくてはならなかったりと使いにくいものになってしまう。そうなっては次から受注は見込めないよねと。もちろん、ある程度高度な機械系の業務知識を持ち、技術力があることが前提ではあるが。

よって、特定の業務領域、例えば、生産管理だったり物流管理だったり、金融系、会計系だったりいろいろな業務に特化していくのが一つの生き残り戦略なのかなと。どれだけ技術革新が起こっても、お客様の業務の流れや基礎的な知識、商習慣だけはそんなに変わらないのだから、そこのかゆいところに手が届かせられるシステム設計ができる技術者が生き残っていくのだろう。

業務知識の話はこれくらいにして、本書に話を戻すと、一ヶ所とても参考になった部分があったので、そこを引用。
 業務系のテーブル設計で最も大切なことは、テーブルの正規化技術やRDBMSの知識だけではありません。まず、いろいろな業務形態があることを理解し、次にそれを自分なりにきちんと整理して、「今回のユーザーの場合はどうすれば一番良いか」を柔軟に考える力です。ここで書いた設計モデルはあくまでも一例なので、どうか自分の頭で考えて良い設計をしてあげてください。
(pp.160)
これは肝に銘じておこう。

本書は本当に分かりやすい本だった。そもそもあまり会計や販売管理の業務についてまとめられた本が少なく、あっても分かりにくかったり文章が微妙で全然頭に入ってこないということがある。しかし、これはとても読みやすく、すんなり理解できる。もちろん今までの自分の経験値があるという部分も考慮しなくてはならないが、それを差し引いても読みやすかった。

DB設計をやる人だけが読むのにはあまりにももったいない本で、実際にDB設計をやらなくても、販売管理の一般的な業務知識を勉強する場合にもとても重宝する。その場合は、業務知識を理解しつつ、データの流れと格納方法がなんとなくこうなっているのだなぁという理解でもよいと思う。実際に販売管理システムでDB設計をするときにまた読み返して理解すればよいので。

また、販売管理、会計的な業務用語集もちゃんと巻末に載っているのがよい。あと同著者の本として以下がある。こちらも分かりやすい。

タイトルに『グラス片手』にとあるように各章の最後に著者が飲んだカクテルのレシピが載っているのが個人的にポイントが高い。自分もBar巡りが好きなので。ちなみに、各章で示されているカクテルは以下のもの。
  1. Kiss in the dark
  2. Daiquiri
  3. FROZEN GIN & LIME
  4. MIMOZA
  5. Nikolaschka
  6. Gibson
  7. Long Island Iced Tea
  8. Pina Colada
  9. Campari & Soda
  10. Bacardi
  11. DITA TONIC
  12. White Lady
  13. Kiss of Fire
この中で飲んだことあるのは、2, 7, 9, 12くらいかな。ということで、ついでだから本書片手にKiss of Fireを飲んでみたw

DSC_1478

この前行ったときに常連になろうと思ったBarのメニューにちゃんとKiss of FireとWhite Ladyが載っていた。ソルトではなくグラニュー糖でスノースタイルになっているカクテルは初めて飲んだ。最後のほうはその名の通り熱く燃えるような感覚だったね。そしておいしかった。本書は本当におすすめの業務知識系の本。ただ唯一の欠点は、毎朝の通勤時間に読んでいると、朝から無性にBarに行って飲みたくなることだ(笑)。



グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 (DBMagazine SELECTION)
グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 (DBMagazine SELECTION)
著者:梅田 弘之
販売元:翔泳社
(2003-11-19)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 販売管理の業務知識を勉強したい人
  • DB設計のパターンを増やしたい人
  • カクテルが好きな人
Amazon.co.jpで『データベース設計』の他の本を見る

bana1 かんぱいクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星