October 27, 2012

ワイルドサイドを歩け

ワイルドサイドを歩け (講談社プラスアルファ文庫)
ワイルドサイドを歩け (講談社プラスアルファ文庫)

キーワード:
 ロバート・ハリス、エッセイ、旅、人生、遊び
旅人、ロバート・ハリス氏のエッセイ。本書は著者がFMラジオのJ-WAVEで2年ほどやってた「エグザイルス」というミニコーナーが元になっているものらしい。このミニコーナーで、本や映画や旅とか好きなトピックについて3, 4分話すというもので、その元ネタの原稿が本になったもののようだ。

目次はちょっと多すぎるので省略。自分が特に面白いなと思ったトピックのタイトルを以下に列挙。
  1. 人生のリスト
  2. ポーカー塾
  3. ロックンロール
  4. ロウ・ポイント
  5. 冒険者たち
  6. 夜遊び
  7. 無限の人生
  8. 一人旅のテーマ
  9. 旅と本
  10. ギャンブラーの話
  11. 言葉の力
  12. 物語
  13. ワイルドサイドを歩け
各トピックについて、4, 5ページの分量となっている。これがどれも興味深い話題だった。なんというか、一人の人の経験がここまで多様性と面白みを持っているのだなぁと思った。そしてたくさん線を引いた。その線を引いた部分を恣意的にそして断片的にいくつか示しておく。
  • 運を天に任せ、前向きに突っ込んでいく、これが一番いい姿勢だと思う。(pp.49)
  • 「生きるということは、質問を一つ一つ浄化していくことである」(pp.58)
  • ドロップアウトするということは、つまり自分が何を欲し、どんな生き方をしていきたいのか、そのことをじっくり考え、その方向へ向かって一歩踏み出していくことだ。(pp.63)
  • もしかしたら僕は、自分を探すために旅をするのではなく、自分をなくすために、自分ではない誰かになるために旅をしているのかもしれない。(pp.93)
  • それだけ物語というものは人間の心に必要なもの、孤独を癒すだけではなく、人生そのものを豊かにし、魂を潤してくれるものなのだろう。(pp.217)
著者がポーカーを覚えたのは15歳くらいの時で、横浜の元町の喫茶店のマスターにポーカーをやりたいと相談したことかららしい。そこで1年で40万円くらいは負けたけど、修羅場に強い人間になれて、人生のレッスンを体験したというように示されていた。

他にもオーストラリアで暮らしていた時、ほとんど無職に近い状態だったけど、ポーカーで食っていたようだ。そのときの経験から、人は博打をやっているときは、博打によってシンプルな生き物にしてくれるらしい。例えば、プレイヤーの一人が「オレ、実はスカトロにはまってんだ。」とぽつりと語り始めても何もなかったようにゲームが進むらしい。普段は人には絶対話さないようなものが語られるようだ。だから、プロのギャンブラーに会うことがあったら、不思議な話を聞かせて見てくれよと言ってみると、面白い話が聞けるようだ。

なんというか、本書に影響されて僕もポーカーをやってみたくなった。ギャンブルにも割と関心があるし。もちろん、この本の影響だけではないけどね。

また、著者は一人旅に出るときに、自分なりの旅のテーマを決めるようにしているようだ。旅で何を感じたいか、どんな気持ちに浸りたいか、といったことを考えながら「孤独」「忘却」「ワイルド」「内省」「虚無」「アンニュイ」とテーマ設定するようだ。これは自分もやってみようと思う。ちなみに、今年初めて一人で海外旅行としてニューカレドニアに行ったときは、「冒険」がテーマだったなと。

本当はもっとたくさんいろいとエピソードを示したいが、それは読んでからのお楽しみ。音楽の話であったり、本、旅、人生、出会った人、ギャンブル、恋愛、ドラッグと話題はとても豊富で飽きさせない。読んでいるととてもワクワクしてくる。

最後にとても印象に残った部分を引用しておく。「言葉の力」というタイトルで、小説家になろうとして、自分にプレッシャーをかけすぎて、日常生活を楽しめなくなっていた時の部分。
 そんなある晩、夜中の二時頃だったろうか。四時間ほど机に向かって何も書けない状態が続き、苛々していた。今日はもう駄目だと思い、ヘンリー・ミラーの本を手に取り、ページをパラパラと捲ってみた。すると、こんな言葉が目に飛びこんできた。
「僕はこの世を楽園だと思っている。そして、人間がこの楽園に生まれてきた理由はただ一つ、ここで子供のように、思いっきり遊ぶためだ」
 確か、そんな内容のものだったと思うのだが、この言葉はカラカラになった僕の心に、冷たい水のように沁み渡ってきて、今までの苛々を一瞬のうちに解消してくれた。そしてそれ以来、僕の人生の道しるべのようなフレーズとなった。
 焦ったり、頑張りすぎたりしている時、よくこの言葉を思い出し、「そうなんだ、もっとリラックスして、人生を楽しまなきゃ」と自分自身に言い聞かせる。すると、不思議と自然体になり、自分のことを笑う余裕すら出てくる。
(pp.208)
人生を楽しんでいる?毎日仕事に忙殺されたりして、自分を見失っていない?本当にやりたかったことはやれている?昨日と同じような今日がまた繰り返されて、うんざりしていない?そう思ったなら、この本は買いだ。読んでみると、レールから外れて、ドロップアウトして旅に出たくなるかもしれない。

ただ、著者も示すように、本書を読んでドロップアウトして、ワイルドサイドを歩いたとしても、必ずしも楽ではないし、充実するとは限らないので責任はとれないとある。それでも、思い切ってもっと冒険してもいいんじゃないか、積極的に外れて自分の人生を楽しんでもいいんじゃないか!?と思わせてくれる。

著者の本は以下もおすすめ。本書は、上記2冊の隙間を埋めるような副読本のような位置づけ。なので、最初に上記2つを読んでから本書を読むとより、著者の人生観がわかってよい。

僕ももっと人生を楽しみたいと思う。だから、著者に触発されて自分なりの人生の100のリストを作ったのだし。

日常の閉塞状況に思い悩んでいる人にはとても良い本だと思う。精神的にも、物理的にも閉塞した状況の場合は特に。



ワイルドサイドを歩け (講談社プラスアルファ文庫)
ワイルドサイドを歩け (講談社プラスアルファ文庫)
著者:ロバート・ハリス
販売元:講談社
(2002-09-19)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 旅が好きな人
  • 人生を楽しみたい人
  • 退屈な日常生活から抜け出したい人
Amazon.co.jpで『ロバート・ハリス』の他の本を見る

bana1 ワイルドサイドクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星