January 04, 2013

銃・病原菌・鉄

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

キーワード:
 ジャレド・ダイアモンド、人類史、銃、病原菌、鉄
必読の教養書としていろんなところでお勧めされている人類史の本。目次は長いので省略。本書は、進化生物学者、生理学者である著者が、ニューギニアの政治家からの「あながた白人は、たくさんのものを発達させてニューにギアに持ち込んだが、私たちニューギニア人には自分たちのものといえるものがほとんどない。それはなぜだろうか?」という問いを発端に、それから25年の著者の科学的な観点からの研究によって、以下の疑問への解答が示されている。
 したがって、現代世界における各社会間の不均衡についての疑問は、つぎのようにいいかえられる。世界の富や権力は、なぜ現在あるような形で分配されてしまったのか?なぜほかの形で分配されなかったのか?たとえば、南北アメリカ大陸の先住民、アフリカ大陸の人びと、そしてオーストラリア大陸のアボリジニが、ヨーロッパ系やアジア系の人びとを殺戮したり、征服したり、絶滅させるようなことが、なぜ起こらなかったのだろうか。
(pp.19-20)
その解を端的にあらわしているのが、タイトルにもなっている「」と「病原菌」と「」となる。そして、それらは各人種の生物学的な差などによるものではなく、完全に各大陸の地理的要因、環境要因であるということが示されている。詳しい概要はスゴ本のDainさんの以下の記事がとても分かりやすい。ハードカバー版をだいぶ前に買っていたのだけど、途中まで読んでしばらく積読状態だった。そしたら去年文庫版が発売されてしまって若干涙目になりつつ、年末年始に集中的に読んだ。このタイミングで読まないとずっと読む機会がなさそうだったので。

去年、上野公園で開催されていた『インカ帝国展(TBS インカ帝国展 マチュピチュ「発見」100年)』でピサロ率いるスペイン軍のインカ帝国への侵略の様子を思い出しながら読めた。本書では約160人ほどのスペイン軍が約数万人のインカ帝国人を全滅させた直接の原因として、鉄製の鎧を装備した騎馬兵がいたことと、銃を所持していたことが挙げられていた。また、間接的な要因は、スペイン軍がもたらした疫病が各地で発生しており、インカ帝国の人々には免疫がなくて、そのせいで死んだ人が多かったり、インカ帝国付近の内政不安のときにスペイン軍がそこに付け込んだからと示されていた。

さらに、去年ニューカレドニアに行ったときに訪れたニューカレドニア博物館の内容も思い出した。

muiium

そこではニューカレドニアをはじめ、ソロモン諸島、ニューギニアの人々の生活様式がいろいろと展示されていたので、本書で示されている人々の生活様式が漠然だがイメージできた。ちなみに、ニューギニアはヨーロッパ人が大挙して完全に植民地支配されなかったのは、原住民がすでに食料生産をおこなっていて生活していたことや、土地固有の病気に抵抗力を持っていなかったかららしい。逆にニューカレドニアは赤道からも離れていて、気候もヨーロッパに似た温帯気候に近いので、ヨーロッパ人(フランス人)が植民地化できた経緯があるようだ。

あと、原書の2005年度版では、追加になった章があるようだが、去年発売の文庫版にも収録されていないらしい。その章をまるごと山形浩生氏が訳して公開されているので、未読の人は以下を参照。脚注に山形氏の突っ込みも載っていて、面白いなぁと。

本書は教養書としても読めるし、企業が発展する要因は環境によるものであるのか?とビジネスに照らし合わせて読むこともできる。ビジネスとしての観点では、考えるきっかけにはなるが、必ずしも完全にそのようには言えないだろうなとも思うし、その点は山形氏のリンク先にも少し言及されている。

本書を読めば、人類史の大局観を養えるし、博物館に行ったり、海外旅行に行ったときに一味違った知見を得られるのは間違いないだろうなと思った。文庫本のほうが安いし、読みやすいと思うので、買うなら文庫版のほうをどうぞ(Amazonのリンク先はハードカバー)。

ということで、2013年の1冊目はこのような教養書となった。今年は自分の専門分野であるIT系技術書をメインで読み込んでいく予定ですが、今年もよろしくお願いします



銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
著者:ジャレド ダイアモンド
販売元:草思社
(2000-10-02)
販売元:Amazon.co.jp

銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
著者:ジャレド ダイアモンド
販売元:草思社
(2000-10-02)
販売元:Amazon.co.jp

読むべき人:
  • 人類史が好きな人
  • ビジネスの成功要因を考えてみたい人
  • 世界の大局観を養いたい人
Amazon.co.jpで『ジャレド・ダイアモンド』の他の本を見る

bana1 人類史クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星