January 27, 2013

【雑感】29歳になりました。

今日が誕生日で、なんとか29歳になりました。

雑感的なものはこちらのブログにはあまり書かないでいたのだけど、たまにはこっちで今の心境を簡単に示しておこうと思う。

29歳という年齢でまず思うことは、もう20代もあと1年しかないのだなぁという感覚。ついこの間まで20代前半とかだったので、まだまだ若いと思っていたのだけど、そろそろオッサン的な年齢に突入しつつある。それと同時に、いろいろなことをだんだんと決断していかなくてはいけないのだなとも思う。年齢に見合った働き方、仕事、誰とどこで暮らすのかという私生活的な部分も含めて。

昨日自分が主催者の一人である83年会で20代を振り返るということをやった。自分の20代はどちらかというと暗澹としていて、常に塞ぎこんでいて思い悩んでばかりだったなと思った。このブログが始まったのも2006年で、社会人になりたての頃、人生のどん底と言えるような状況からスタートした。希望と共に社会人ライフをむかえると思っていたのだけど、実際はそうではなく、そして働き始めても理想と現実のギャップにひどく苦しんだ。

22歳のブログスタート時に父親との急な死別、自分自身が腎臓病を発症してもう治らないと宣告されて(でも最近はiPS細胞に期待が!!)、その当時はストレスレベルは最高だったと思う。それからなんとか仕事をしつつも、うまくパフォーマンスを発揮できなかったりして、どうやって生きていくべきなのか?、どうして仕事がしんどいのか?といった自分の人生について、働き方について深く考えつつもがき苦しみながらもなんとか活路を見出そうとしてきた。その過程がこの読書ブログなのだと思う。

そうして迎える29歳なのだけど、最近はよい意味であまり深く考えすぎないようにしているというか、自然とそうなってきた。案外なんとかなってきたなぁと思うし、壮大な野望を描き過ぎず、まずは目の前のことを淡々とこなしていく、ということをやっていくしか自分の道は好転しない、ということも実感しつつあるので。

20代最後だからといって、何か特別なことをしようとは特に思ってもおらず、迎えるべき30代のよいスタートの準備期間という感じかな。個人的には、30歳成人説を支持するので。そして、たぶん30歳が自分の人生の後半生のスタートだと思っていれば間違いない。

でもまぁ、20代最後という部分も少しは意識しつつ、最後の1年を悔いのないようにすごしたい

bana1 20代最後クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星