April 29, 2013

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [単行本]

キーワード:
 村上春樹、色、巡礼、冷たい海、駅
村上春樹の新刊。あらすじはあえて省略。読むなら何の予備知識なしで読んだほうがいい。でも、絶対面白い!!、読め!!と全面的にお勧めはできないタイプの作品。特に、村上春樹作品をあまり読んだことのない人にとっては。読みやすいタイプの作品だけどね。

このブログの熱心な読者にとって、僕が村上春樹の作品が好きなのは既知のことだと思われる。長編作品は一応すべて読んでいるけど、本書のように、割と発売直後に買って読んだのはこれが初めてだな。連休中に集中的に読んで、370ページもあるけれど、3日で読めた。それだけ没頭して読めたことは確か。

万人受けする作品ではないということは、Amazonのレビューにもいろいろと書かれている。超常現象的な存在、曖昧な結末、毎度完全に解き明かされない謎、いつの間にかいなくなってしまった登場人物のその後、過去の作品から繰り返し使われている夢と現実のモチーフなどなど。やれやれ、またその箪笥の引き出しの中身が使われるのか?と過去の作品を読んでいる読者はきっと思うだろう。デジャヴ感いっぱい。一ファンとして、そういう部分に関して新鮮味があまりなくて若干残念に思った。以下のような過去の作品ほど面白さはなかったし。しかし、この作品が僕にとって価値のない作品だったということではない。とても重要な作品だった。でもその前に、この作品に対して、自分が感じたことを示しておきたいと思う。

読んでいてとても気になったのは、過去の作品に比べて固有名詞がとても多く使われている気がしたこと。Google、facebook、Twitterとネットサービスやポルシェ、ベンツ、ゴルフ、レクサスなどの車(これは過去作品にもよく出てくるけど)、名古屋大学経済学部、愛知県立芸術大学工芸科、早稲田大学などの大学、スター・ウォーズ、ダイハードなどの映画などなど。過去の作品をすべてきっちり覚えているわけではないので、どれほど差があるかは正直完全に分からないけど、印象としては意図的に固有名詞が多く使われているような気がした。

しかし、色を持たないと思い込んでいる主人公の多崎つくるの勤め先は***鉄道株式会社とあり、出身大学も東京の工科大学とぼかされている。とても意図的に。自分自身の個性、色がないのだから、固定概念を持たせないようにぼかされているのだと思われる。たぶん。

あと、過去の作品と決定的に違うと思われるのは、主人公が『夜の冷たい海を一人で泳ぎ切れたかどうか』ではないのかなと思った。過去の作品の主人公は、泳いでいる途中のものが多かった気がする。でもこの作品は泳ぎ切った作品だ。夜の冷たい海の比喩は何なのかは読んで理解してほしいが、分かりやすく言い換えれば、主人公に救いがあったかどうか?かなと思う。過去の作品の主人公にはあまり救いがなかった気がする。でも、多崎つくるにはある気がする。確実にあったとは言えない結末だけど。

さらに、ある特定の読者を想定して書かれているような気がした。何の根拠もない感覚的なことなのだけど、個人的にそう感じた。そして、とりわけ面白い作品ではないのだけど、なんだか自分のために書かれているような物語のように思えた。そう感じる物語はそんなに多くはない。面白かった、すごく深い作品だと感じるものは多いけど、自分のこととしてとらえられる作品はほとんどない。だから、冒頭で自分にとって重要な作品と示した。以下思わず線を引いた部分を抜粋。
「そう。あなたは何かしらの問題を心に抱えている。それは自分で考えているより、もっと根の深いものかもしれない。でもあなたがその気になりさえすれば、きっと解決できる問題だと思うの。不具合が見つかった駅を修理するのと同じように。ただそのためには必要なデータを集め、正確な図面を引き、詳しい工程表を作らなくてはならない。なによりものごとの優先順位を明らかにしなくてはならない。」
(中略)
「あなたはナイーブな傷つきやすい少年としてではなく、一人の自立したプロフェッショナルとして、過去と正面から向き合わなくてはいけない。自分が見たいものを見るのではなく、見なくてはならないものを見るのよ。そうしないとあなたはその重い荷物を抱えたまま、これからの先の人生を送ることになる。」
(pp.106-107)
あなたはデバッグしなくてはいけないのよ』と言われたような気がした。なんとなく自分が漠然と考えていたことを物語の登場人物が示してくれるのは変な感じだなとも思ったけど、きっとこの部分が読めただけで本書を読んでよかったのだと思う。

新宿駅をいつも利用する人や鉄道全般が好きな人は興味深く読めるかもしれない。ただ、面白く読めるかどうかは、人それぞれ。どう感じるかも。



色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [単行本]
著者:村上 春樹
出版:文藝春秋
(2013-04-12)

読むべき人:
  • 鉄道好きな人
  • 自分自身に個性がなく、からっぽだと思っている人
  • 何かしら内面に問題を抱えている人
Amazon.co.jpで『村上春樹』の他の作品を見る

bana1 巡礼クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 読書ログ   May 09, 2013 15:34

はじめまして。
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星