May 26, 2013

「やりがいのある仕事」という幻想

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)
「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書) [新書]

キーワード:
 森博嗣、エッセイ、仕事論、やりがい、幻想
小説家である著者による仕事論。以下のような目次となっている。
  1. まえがき
  2. 第1章―仕事への大いなる勘違い
  3. 第2章―自分に合った仕事はどこにある?
  4. 第3章―これからの仕事
  5. 第4章―仕事の悩みや不安に答える
  6. 第5章―人生と仕事の関係
  7. あとがき
(目次から抜粋)
著者は工学部の大学助教授であったが、小説家になり、小説がヒットして今では働かなくてもいいだけの資産を形成していて、大学もやめて1日1時間程度の仕事しかしていないらしい。そんな著者によって、「仕事にやりがいを見つける生き方は素晴らしい」という言葉を多くの人たちが、理想や精神だと勘違いしていて、そんなものは幻想に過ぎないと少し冷淡に示されているのが本書。

著者の作品は一つだけ過去に読んだことあった。そんで本屋で気になるタイトルだったので買って読んでみた。まぁ、客観的な視点がとても参考になるなと。

仕事に貴賤はないし、人と比べてもしょうがないし、好きな仕事をしようとすると、それが嫌いになった時にしんどいし、自分の適性のある仕事などやってみないと分からないし、けれど自分が向いている仕事を選択するほうが合理的だし、やりがいなど人から与えられるものではないし、なので必ずしも仕事にやりがいを求めなくてもよい、というような著者の一意見が示されている。

著者の考え方はどこか突き放したようにも取れるし、もう働かなくてもいいだけの身分で半引退生活をしているような視点からというのもあるので、一概にすべて受け入れられるものでもないかもしれない。それでも、就職活動で就職先を選ぶとき、または仕事を始めて転職をしようかと思うときに、世間とか他人の評価ばかりを気にして、他者に判断基準をゆだねるのではなく、自分なりに客観的にどうしたいか?ということを考えることが重要なんだなと思った。

また、仕事にやりがいとかそういうものを過剰に求めすぎずに、まずはお金を得られればそれでいいじゃないかというような気楽な気持ちにもなれる。そんなに気負って働かなくも出いいんじゃないかと。一ヶ所なるほどと思った部分を引用。「自分にとっての成功はどこにあるか」という節タイトルの最後から。
 質素な生活ができる人は、ときどき適当に働いて、のんびり生きれば良い。贅沢な生活がしたい人は、ばりばり頑張って働いて、どんどん稼げば良い。いずれが偉いわけでもなく、片方が勝者で、もう一方は敗者というわけではない。
 人それぞれに生き方が違う。自分の道というものがあるはずだ。道というからには、その先に目的地がある。目標のようなものだ。まずは、それをよく考えて、自分にとっての目標を持つことだ。
「成功したい」と考えるまえに、「自分にとってどうなることが成功なのか」を見極める方が重要である。
(pp.94)
実際に仕事を始める前はバリバリ働いて稼げたらなぁと思っていた。しかし、現実は持病の影響もあって、残業制限もあるような状況で働いていて、そして実際に働いてみると追われるように働きづめなのは向いてないなと実感しつつある。自分にとっての成功は、それなりにお金があってのんびり読書したり映画を見たりするような生活ができることなのかなぁと漠然と思った。これはまた地道に考えておきたい。

割と身もふたもない話が多いのだけど、一度客観的に仕事とはどういうものなのか?ということを考えるきっかけになるので、就職活動中の人にお勧めだね。さらに、実際に働いている人で、自己啓発本ばかり読んでいる意識が高い系の(そして掲げる理想と現実の絶望的なギャップに奮闘しているような)人にもお勧めだね。給料よりもやりがいとか社会貢献したいなど過剰に意識している人は特に。

さくっと読めるし、もっと気軽に働けばいいじゃないかという気になれる本だった。



「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)
「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書) [新書]
著者:森博嗣
出版:朝日新聞出版
(2013-05-10)

読むべき人:
  • やりがいを過剰に求めている人
  • 就職活動中の人
  • 仕事を辞めようかなと思っている人
Amazon.co.jpで『森博嗣』の他の本を見る

bana1 やりがい幻想クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星