August 24, 2013

夜のピクニック

キーワード:
 恩田陸、夜、歩行、青春、今
恩田陸の小説。以下のようなあらすじとなっている。
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために――。学校生活の思い出や卒業後の夢など語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。
(カバーの裏から抜粋)
夏休みはやっぱり青春小説を読むに限る。ということで、新潮社のワタシの一行フェアで買ったこの本。以前から参加していたスゴ本オフでも何度か取り上げられていたので、読んでみることにした。

とてもよい読後感だった。と同時に、こんな青春は自分の人生には一度もなかったし、これからもまず起こらないだろうという絶望にも似た気持ちになった。

本作品でワタシの一行を寄せているのは女優の北川景子さん。いいね!を押したくなる部分を挙げられている。

舞台は高校3年生の主人公融(とおる)と貴子の二人を視点とした、歩行祭という秋に全校生徒が夜通し80kmも歩くというお話。夜歩くことで、普段あまり言えないことや、あまり話したことのない人同士でも距離が近くなり、それぞれの人間関係がそこで変化していく。

読了後は、あぁ、青春だなと思った。表面上はこれはただのデスマーチではないか!?wと思うのだけど、こういう不条理な伝統行事によって人間関係の結束ができて、思い出になるのかもしれない。作中の登場人物たちもそのように語っている。

歩行祭は「歩く会」として実際に著者の母校で行われている行事らしい。実際は70kmらしいが、作品の描写になかなかリアリティがあるなと思った。

登場人物たちがみなそれぞれ個性があって、こういう高校生活を送れたらなぁと思った。僕にはそんな青春なんかなかった。こんなのはフィクションだ!!畜生!!と憤慨してみるのだけど、残念ながら!?とてもよい青春小説だと思った。そして、夏に青春小説を読みたくなるのは、やはり体験できなかった空白を埋めるような代償行為なんだなと思った。

高校生の時、特に3年生となると、自分の進路とか人間関係でいろいろと思い悩むときだなと思う。自分のことを振り返ってみると、やっぱり人生のなかである程度方向性を決めるべき時で、かなり思い悩んでいたなと。受験勉強が手につかなくなるほどに・・・。と同時に、僕は主人公の融のように、早く卒業したいとばかり思っていた。そしたら、融の友人の忍の融への説教の部分にガツンとやられた。
あえて雑音をシャットアウトして、さっさと階段を上がりきりたい気持ちは痛いほど分かるけどさ。もちろん、おまえのそういうところ、俺は尊敬してる。だけどさ、雑音だって、おまえを作ってるんだよ。雑音はうるさいけど、やっぱ聞いておかなきゃなんない時だってあるんだよ。おまえにはノイズにしか聞こえないだろうけど、このノイズが聞こえるのって、今だけだから、あとからテープを巻き戻して聞こうと思った時にはもう聞こえない。おまえ、いつか絶対、あの時聞いておけばよかったって後悔する日が来ると思う。」
(pp.189)
そして後悔している自分がここにいる・・・。

高校生のときはいろいろと挫折と失敗が多くて、何もかもどうでもよくなったときがあった。もともと高校なんか通過点でしかないとか思っていて、その大切なノイズを完全にシャットアウトして今に至ってしまった。もし、この作品を高校3年生のときにリアルタイムに読んでいたのなら、多少は自分の人生が変わっていたのではないかと思った。それだけに、なぜこの作品に高校生の時に出会っていなかったのか!?と悔やまれるのだけど、自分が高校3年生のとき、2001年にはまだこの作品は存在しなかったのだし。

なので、高校生特有の悩みとかそういうのがある人は、絶対リアルタイムで読んでおくべきだなと思う。高校生のときに読まないと後悔するぞ!!と断言してもいい。もう、高校生はみんな読め!!ww




読むべき人:
  • 高校3年生の人
  • 歩くのが好きな人
  • 青春が何もなかった人
Amazon.co.jpで『恩田陸』の他の作品を見る

bana1 青春クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『夜のピクニック』  [ 観・読・聴・験 備忘録 ]   October 12, 2013 22:28

恩田陸 『夜のピクニック』(新潮文庫)、読了。 やっぱり恩田作品の学園モノは面白い! 一気に読み通してしまいました。 24時間かけて歩き続けるという高校生活でのイベント。 その行程で主人公の西脇融と甲田貴子が考え、行動し、成長していく様を描いています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星