October 20, 2013

幼年期の終り

キーワード:
 アーサー・C・クラーク、SF、人類、上帝、終末
アーサー・C・クラークのSF小説。以下のようなあらすじとなっている。
人類が宇宙に進出したその日、巨大宇宙船団が地球の空を覆った。やがて人々の頭の中に一つの言葉がこだまする――人類はもはや孤独ではない。それから50年、人類より遥かに高度の知能と技術を有するエイリアンは、その姿を現すことなく、平和裡に地球管理を行っていた。彼らの真の目的は?そして人類の未来は? 宇宙知性との遭遇によって新たな道を歩みだす人類の姿を、巨匠が詩情豊かに描きあげたSF史上屈指の名作
(カバーの裏から抜粋)
以前参加したスゴ本オフの『ハヤカワ』のテーマでこの作品を持ってこられる方が何人かいた。そして、その場ではSFオールタイムベストな名作と言われていたので、気になっていた。去年の5月開催だったのだね。もうそんなに時間が経つのか。ちなみに、僕が持っていたのは、以下の作品。アーサー・C・クラークの作品は読んだことがなかった。せいぜい大学生のころにキューブリックの『2001年宇宙の旅』を見たくらい。しかも映画DVDなどめったに買わないのに、なぜかマトリックスシリーズと一緒に買って置いてある。当時さっぱりよく分からないけど、きっとみんながスゴイと言っているからこの映画もスゴいのだろうという程度の感想しかなかったのだけど・・・。Amazonの書影はなぜか古いのしか選べなかったけど、新しいカバーで読んだ。

ネタバレするとよろしくないのであんまり詳しく書けない。というか何を書いても先入観を与えてしまって駄目な気がする。なので、何の予備知識なしで読むのがよいね。あと、いくら名作と言われていても、過剰に期待しすぎないほうがいいかもしれない。では、この作品が期待外れだったのかというと、決してそうではない。

400ページくらいの作品なのだけど、300ページを超えるまでは特に起伏もなく、ふーんという感じで読んでいた。しかし、300ページを超えたあたりから、物語は一気に壮大な話になっていって、結末を迎えて、達成感と悲壮感などが入り混じるような何とも言えない読後感となった。

画家ポール・ゴーギャンの作品に『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』という大きな絵がある。絵の内容は全然違うけど、このタイトルがこの小説のテーマにぴったりだなと思った。

人によってどこにどうスゴいと思うのかが微妙に変わってくるような気がする。今読んでもきっと色あせてない作品なので、SF作品が好きで未読なら読んでおいて損はない。



アーサー・C・クラーク
早川書房
1979-04

読むべき人:
  • SF作品が好きな人
  • 壮大な物語が読みたい人
  • 人類の未来について考えてみたい人
Amazon.co.jpで『アーサー・C・クラーク』の他の作品を見る

bana1 オーバーロードクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星