November 30, 2013

さよなら、愛しい人

キーワード:
 レイモンド・チャンドラー、私立探偵、ハードボイルド、比喩、タフガイ
村上春樹訳のレイモンド・チャンドラーの作品。以下のようなあらすじとなっている。
刑務所から出所したばかりの大男へら鹿マロイは、八年前に別れた恋人ヴェルマを探して黒人街にやってきた。しかし女は見つからず激情に駆られたマロイは酒場で殺人を犯してしまう。現場に偶然居合わせた私立探偵フィリップ・マーロウは、行方をくらました大男を追って、ロサンジェルスの街を彷徨うが…。マロイの一途な愛は成就するのか?村上春樹の新訳で贈る、チャンドラーの傑作長篇。 『さらば愛しき女よ』改題。
(カバーの裏から抜粋)
村上春樹のエッセイによくタフガイの象徴として、本作品の主人公、フィリップ・マーロウが出てくる。なので、気になっていたので買って読んでみた。

あらすじは、カバーの裏にある通りなのだけど、なかなか事件が解明されていかないというか、主人公のフィリップ・マーロウは当初の殺人事件から全然違う別の仕事を進めて行ったりする。意図せず殺人を犯したマロイは冒頭に出てから、あまり出番がないし。しかし、本当にラスト50ページくらいで全然別の事件が収束して謎が解明するという感じがしてよかった。

この作品の良さ、面白さはストーリーそのものよりも、主人公、フィリップ・マーロウの魅力によるところが大きい。独り言が多かったりするし、シニカルな会話で相手をイラつかせたり、ギャングなどに殴られたり痛い目に合ったりするが、自分で自分をタフガイなんだと自己暗示をかけるように鼓舞し、危険を顧みず適地に単独で乗り込みつつ最後には辛抱強く事件を解決していく。僕もタフガイになりたいと思わせてくれる。

あとは、独特の比喩表現が多いなと思う。村上春樹の作品自体も特有の比喩があるが、それは間違いなくチャンドラー作品からの影響だろうなというのがよく分かる。なんだか大げさな表現にも思えるのだけど、それでも的を射ているというようなものがある。『八十五セントの夕食は、捨てられた郵便袋みたいな味がした。』とか。どんな味だろうか?と一瞬思案するけど、でもまずそうなのはよく分かる。

最後に村上春樹のあとがきが載っている。それによるとこの作品のフィリップ・マーロウは30歳前後のイメージ像らしい。ということは大体今の僕と同じ年齢ということになる。読んでいる途中は40歳くらいのダンディな感じをイメージしていたが、違ったようだ。僕は、とても主人公のように一人で金にもならず、そして危険を伴う仕事を地道に進めてはいけないだろうなと思った。

そして、村上春樹のあとがきに以下のように示されている。
チャンドラーの小説のある人生と、チャンドラーの小説のない人生とでは、確実にいろんなものごとが変わってくるはずだ。そう思いませんか?
(pp.477)
この作品を読了したので、チャンドラーの小説のある人生になりつつある。いろんな物事に翻弄されたりすることもあるけど、主人公、フィリップ・マーロウのようにタフガイであり続けたいと思った。

そのうち『ロング・グッドバイ』も読みたい。



さよなら、愛しい人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
レイモンド チャンドラー
早川書房
2011-06-05

読むべき人:
  • ハードボイルド小説が好きな人
  • 地道にものごとを進めるのが得意な人
  • タフガイになりたい人
Amazon.co.jpで『レイモンド・チャンドラー』の他の作品を見る

bana1 タフガイクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 天安からアンニョン   December 02, 2013 10:48

5
賢者の図書館様
ためになる書評をいつも提供していただいて
感謝の中で拝読させていただいております。
チャンドラーは本当にすごい作家だと思います。
わたしもチャンドラーの作品は30年ぐらい前にほとんど読んでますが、
最近ハルキの訳による本がでてるので、これもまた読んでみたいと思います。
きょうは、わたくしの本『おしょうしな韓国』ってエッセイ集について
ちょっと厚かましくも紹介させていただこうと思い、ここにカキコしてます。
韓国生活25年になる筆者(わたくし)が、泥まみれの体験をそのまま書いたものです。
今年7月ごろ出版されました。(アマゾンからご覧になれます。)
新聞などに書評が少しありますが、賢者の図書館様に読んでいただいて、
感想や書評をこのブログに書いていただけたら最高です。
ではでは。

2. Posted by Master@ブログの中の人   December 02, 2013 20:53

>>天安からアンニョンさん

コメントありがとうございます
チャンドラー、まだ読み始めたばかりですので、僕もいろいろと読んでみたいと思います

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星