June 12, 2014

スタバ株は1月に買え!

キーワード:
 夕凪、株、イベント投資、スタバ、資産運用
株によるイベント投資の入門書。以下のような目次となっている。
  1. 第1章 30万円で始めた株で1億円を達成!
  2. 第2章 株で儲ける仕組みは花屋に学べ!―イベント投資のキホン
  3. 第3章 スタバ株は1月に買え!―実践株主優待投資
  4. 第4章 株を始める前に知っておきたいこと―数字が示す儲けのヒント
  5. 第5章 プロの土俵にあがるな!―個人投資家9つの心得
  6. 第6章 専業投資家への道―千里の道も一歩から
(目次から抜粋)
なんとなく本屋で目に留まったので買った。普段週2でスターバックスに通い詰めているし、一応スタバの株をほんの少しだけ持っており、気になったので買って読んでみた。

本書ではイベント投資というものが分かりやすく解説されている。イベント投資というのは、株主優待の権利確定日付近とかある銘柄が東証2部から1部に移るとき、または株主総会時期、機関投資家が買うタイミングなどあるイベント(出来事)に影響されて、株式市場の需給動向への影響によって株価が上下する時期を狙うことと示されている。

本書のタイトルにあるように、スタバ株を1月に買え!というのは、1月最初の営業日の寄り付きに購入し、そのまま保有して3月23日を経過した最初の営業日の大引けに売却する条件を2014年も含めて過去10年実践したところ、過去1度も負けたことがないらしい。この3月23日というのは株主優待の優待券利付最終日の大体3営業日前で、この時期までに株価が上がるので、そこを狙って事前に買って売れ!ということらしい。

株主優待狙いで株価上昇を見込むのは、そこまで目新しい方法ではないのだけど、ほとんど株素人な自分には参考になった。このイベント投資を確立することで、30万円くらいから大体年利40%以上で10年で1億円近くまで資産を増やせたらしい。

ほかにもいろいろとねらい目が分からいやすく示されているが、株経験があまりない自分にとって一番参考になったのは、過去10年の日経平均の推移のグラフが示されている部分。大体3ヵ月ごとに変動の特徴があるようだ。ちょうど今6月は株主総会時期と年度末決算が経過して安堵感が出てくるのもあって、6月後半にかけては株価が上がる傾向にあるようだ。元ネタが少ない自分にとっては、いつごろまでに元ネタを準備して勝負をかければよいかが分かってよかった。

あとは個人投資家9つの心得が載っていたので、引用しておく。
  • 心得1 プロと勝負したら確実に負ける!
  • 心得2 株式は少数派が勝つ!
  • 心得3 プロの予想の逆を行け!
  • 心得4 アナリストの推奨株は買うな!
  • 心得5 相場に「絶対」はありえない!
  • 心得6 バブルを怖がるな、一緒に踊れ!
  • 心得7 普通ほど怖いものはない!
  • 心得8 損切りを褒めろ!
  • 心得9 チャンスは何度もやってくる!
それぞれの詳細については買って読んでみることをお勧めする。

株の本は入門書からファンダメンタル分析とかテクニカル分析とか専門的なものも含めてたくさんあるし、それらをそこまで読んでいるわけでもましてや株経験も浅いので、本書がどれほど正確で役に立つかは正直よく分からない。しかし、これなら自分も真似できそうだなと思ったので、読んでみてよかったかな。

余談だけど、30歳を迎えるにあたって真面目に資産運用を考えようと思っていたところで。そして今年からNISA開始なので、昨年末から勢いで申し込んで株デビューした。でも実際にNISAには冒頭で示したスタバ株をS株で2株だけ突っ込んで放置している。NISAは損益通算ができないし、そもそも元手がそんなにない状態なのであんまりメリットがないなと思って今は10万円くらいから(無駄遣いが多いから余剰金ないし!!w)特定口座で相場を見ながら売買の経験値を積んでいる状況。来年は本書の通りに上がるか試してみたいな。あとは株主優待でいつかスタバでドヤ顔して会計したいw

あとドラゴン桜の著者の人の株漫画も面白いのでお勧め。ということで、しばらく資産運用のお勉強をする予定と。




読むべき人:
  • スターバックスが好きな人
  • 株で資産運用をしたい人
  • 南の島で悠々自適に過ごしたい人
Amazon.co.jpで『株式投資』の他の本を見る

bana1 イベント投資クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星