August 31, 2014

あの日の僕らにさよなら

キーワード:
 平山瑞穂、青春、人生、分岐点、歩み
大人の青春小説。以下のような目次となっている。
桜川衛と都築祥子。共に17歳。互いに好意を抱きつつも、一歩踏み出せずにいた。ある夜、家族不在の桜川家を訪ねた祥子は偶然、衛の日記を目にする。綴られる愛情の重さにたじろいだ祥子。何も告げず逃げ帰り、その後一方的に衛を避け続け二人の関係は自然消滅に……。あれから11年。再会を果たした二人が出した答えとは――。交錯する運命を描く恋愛小説。『冥王星パーティ』改題。
(カバーの裏から抜粋)
なんとなく書店でタイトルとあらすじが気になって買って読んでみたらすごくよかった。個人的には好きな作品。

今日でもう8月は終わるけど、夏になると昔を回顧するように青春小説が読みたくなる。ときどき高校生くらいの時期を思い出してみたり、あの頃の自分と今の自分はどう変わってしまったのだろうか?とか、結局何も変わっていない自分がいるのかなとか、高校生のころ体験することのできなかった青春的なことを疑似体験してみたくて、青春小説を読むのだと思う。

本作品は、そんな高校2年生の青春小説でもあるし、それから11年経った28歳くらいの大人の青春小説でもある。つまり、高校生のころ、いろいろあったけど、それから11年経って再会してみて、結局どうだった?っていうのが本作品の大筋。それは青春小説的には割とありふれたテーマ設定なのだけど、それでも本作品は僕に合っていたなと思った。

主人公は桜川衛と都築祥子で、二人は別の高校に通うのだけど、ある日祥子の友達経由で衛に『フラニーとゾーイ』を借りることになって知り合う。そこで、二人は衛の家で本とか音楽の話をよくしていき距離が縮まっていくのだけど、衛が書いていた祥子に対する想いを書き綴った日記を見てしまい、それから疎遠になっていく。祥子はそのまま大学生となり、クラッシクギター部に入り、いろいろと経験していく。

2章までが祥子視点で進み、3章で28歳になった衛視点で物語は進む。高校生のころは人目が気になりすぎて自意識過剰気味で、夢は総理大臣と言っていたが、優秀な証券マンとなっており、さらにはモテるようになって複数の女関係まで築くまでになる。ある日、たまたま都築祥子をネットで検索した時に、祥子と思われる女のあられもない自撮り写真を目にしたことから、再会へとつながっていく。

祥子が衛の日記を読んでしまい、自分自身への気持ちに怖気づいたというのもよく分かるし、そんな日記を書き残してしまう衛も痛いほど共感できた(実際にそんな日記は書いたことはないのだけど)。そして、28歳になった衛の心情もおまいは俺か!!と思ってしまうほどだった。特にそのように感じた部分を一部抜粋。
「俺も、たいして変わらない。どこかで道を間違えてしまったような気がしてならないんだ。でもすでに、あまりに遠くまで歩いてきちゃったから、今さらどうしていいのかもわからない。引き返すっていったって、どこまで?引き返したところで、やり直しがきくのかなって」
(pp.327)
ほぼこんなことを僕もついつい考えがちになってしまう。高校生くらいのころから、自分なりに最適だと思う決断をしてきたはずだったのに、振り返ってみると欲しいものは何も手に入っておらず、肉体的にも病んでいるし、空虚でどこか満たされない境地で時間だけが進んで行って、昔のことばかり思い返している。本当にこの方向性でよかったんだろうか?とか、そして、あのとき、違う決断をしていたら、もしかしたら結婚もしていて、今とは違う生き方でもっと幸せだったのではなかろうか!?と。

客観的には過去を回想しても何も変わらないし、そんなの時間の無駄なのだけど、どうしても現状に満足できず、過去に後悔の念が残っていると、ふと考えてしまう。日曜日の夜とか特にね。そんなときにこの作品を読みながら主人公たちの境遇を疑似体験していくことで、なんだかそういう悔恨の情が浄化されていくような気がした。つまり、もう過去ばかり思い返してないで、これからの未来に目を向けて前向きに生きなくては、と気づかされた。だから、この作品は読んで本当によかった。なんだか自分のために書かれていたような、そんな気さえする。

小説を読むのは、娯楽的な側面もあるし、教養のためという側面もある。しかし、それだけが小説を読む意義ではなくて、この作品のように、自分の中にあるわだかまりを解消してくれたり、思いがけずに生きていくうえでの示唆を獲得できることがある。50冊に1冊くらい、そういう作品に出会うことがあって、読了後は言いようもない僥倖で満たされる。

400ページ近くあってなかなか長編なのだけど、とても読みやすく、主人公たちに共感して読めると思う。特に、高校生くらいのときにいろいろとあった人には。




読むべき人:
  • 30歳前後の人
  • 高校生くらいの青春小説が読みたい人
  • 前向きに生きていきたい人
Amazon.co.jpで『平山瑞穂』の他の作品を見る

bana1 ターニングポイントクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星