October 25, 2014

投資家が「お金」よりも大切にしていること

キーワード:
 藤野英人、投資、企業、世の中、未来
ファンドマネージャーによるお金について考えている本、以下のような目次となっている。
  1. 第1章 日本人は、お金が大好きで、ハゲタカで、不真面目
  2. 第2章 日本をダメにする「清貧の思想」
  3. 第3章 人は、ただ生きているだけで価値がある
  4. 第4章 世の中に「虚業」なんてひとつもない
  5. 第5章 あなたは、自分の人生をかけて社会に投資している、ひとりの「投資家」だ
(目次から抜粋)
最近は小説ばかりだったので、少し違ったジャンルで軽めに読めるものをと思っていた。また、書店でずっと本書が気になっていたし、帯に『インベスターZ』のお勧め本として紹介されていたので買った。『インベスターZ』はドラゴン桜の著者による株式投資漫画で、チェックしている漫画だ。株式投資の概念などが学べるのでお勧め。

さて、本書の著者は野村證券、JPモルガン、ゴールドマン・サックス系の資産運用会社を経て、レオス・キャピタルワークスを創業して23年間で5700人の社長に取材を重ねて着た投資のプロである。そんな著者によって、一般的なお金の概念や経済、投資の本質、世の中の企業のあり方についてわかりやすく示されている。前半部分は日本人一般のお金に対する考え方が示されている。曰く、大半は金儲けは悪だと思っており、アメリカでは収入の多寡にかかわらず寄付する人が76%なのに対して日本人は36%(そのうち家計に占める寄付額は0.08%、2500円)ほどでしかなく、自分のお金や現金を守ることしか考えておらず、さらに他人を全く信用せず、新興国に対して短期でしか投資しないので日本人こそハゲタカであると。

結局日本人はお金しか信じておらず、何もお金について考えていないとバッサリ切り捨てている。

前半はふーんって感じで読んでいたけど、後半になるにつれてなるほど、勉強になるなと思うことが多かった。4章の『世の中に「虚業」なんてひとつもない』では、ITや金融、コンサルティング会社のビジネスは「虚業」であると言い切る人は「無知」をさらけ出していると言い切っている。つまり、提供する商品なりサービスがあり、それを受け入れてるお客さんがいる限りその仕事や会社に価値があるのだと。それに関わる血の通った人間のいることを想像できず、社会や経済のことも何も理解できていないのだと。

僕は(コンサルよりの)IT業界に身を置いているので、さすがに自分の仕事が虚業だなんて思っていないが、金融業界に対しては偏った先入観などがあったことは認めざるを得ない。特にリーマンショックのからくりを解説する映画『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 [DVD]』を見た後は、某GSなどの投資銀行などはみん自分たちが儲けることしか考えておらず、世の中に不景気をもたらした諸悪の根源じゃないか!!と思っていたのだが。まぁ、いろんな側面があるんだなということが分かってよかった。

著者の考える投資の目的は「世の中を良くして、明るい未来をつくること」とある。そして、投資について以下のように言及されている。
 少し青臭く聞こえるかもしれませんが、明るい未来をつくること以外に、投資の目的はありません。
 会社やビジネスに投資(株式投資・不動産投資など)することは「直接的に、世の中を良くすること」であるし、自己投資も「間接的に、自分を通して世の中を良くすること」だと考えています。
 当然、消費をすることも投資であれば、選挙で一票を入れることも投資です。
(pp.202)
なるほどと思った。

他にも真面目な会社しか長期的に利益を上げられないなどの著者独自の視点があるので、とても勉強になる。その辺は実際に株式投資をやっていくうえでかなり参考になる視点だと思う。そこは読んで確認してほしい。

本書はこれからの日本を担う10代、20代の人に読んでほしいとあるので、かなり読みやすい。あとは本書執筆のきっかけになったのは、著者が講師をしている明治大学の「ベンチャーファイナンス論」によって、ある学生が新たな視点を得られたことによるらしい。へーっと思った。そのような講義が受けられる学生が羨ましいとも思った。

就職活動中の人や社会人になりたての人にはとても良い内容だと思う。特に学生時代なんかは、世の中にある企業などは完全にイメージ先行で判断を下しがちであるし、それぞれの企業のビジネスの本質的な部分に対する視座が確立されていないようなものだからね。読んでおいて損はない一冊かなと。あとは実際に株式投資する人なども読んだらいいと思う。




読むべき人:
  • 就職活動中の学生の人
  • 株式投資をやっている人
  • 世の中を良くしていきたいと思っている人
Amazon.co.jpで『藤野英人』の他の本を見る

bana1 投資クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星