August 09, 2015

幽霊たち

キーワード:
 ポール・オースター、ニューヨーク、探偵、作家、前衛
ニューヨーク3部作の2作目。以下のようなあらすじとなっている。
私立探偵ブルーは奇妙な依頼を受けた。変装した男ホワイトから、ブラックを見張るように、と。真向いの部屋から、ブルーは見張り続ける。だが、ブラックの日常に何の変化もない。彼は、ただ毎日何かを書き、読んでいるだけなのだ。ブルーは空想の世界に彷徨う。ブラックの正体やホワイトの目的を推理して。次第に、不安と焦燥と疑惑に駆られるブルー…。’80年代アメリカ文学の代表的作品!
(カバーの裏から抜粋)
ニューヨーク3部作の1作目が、以下の作品であった。別に1作目の完全続編というわけでもない。舞台がニューヨークであることと、主人公のアイデンティティーが次第に揺らいでいく部分以外は、まったく別物であると言っていい。

主人公はブルーという私立探偵で、かつてブラウンに師事して探偵のイロハを覚えた。ある日ホワイトという男に、ブラックという男を監視して週1回報告書を書いてくれと依頼される。実に簡単な仕事だと引き受け、ブラックのアパートの道路の反対側の部屋からブラックを逐一監視する。しかし、ブラックがやっていることは何かを書き物して、読書をして、ときどき街に出かけるだけで、事件らしいことが何も起こらず、次第に疑心に駆られていく・・・。

象徴的にこの物語を示すなら、DB管理システムにおけるデッドロック状態みたいなものだ(勘の良い人ならなかばネタバレしてしまうような例えだが・・・)。しかし、主人公のブルーだけが自分が何をやっているのかがはっきりと分かっていない。確かにブラックを監視しているが、ブラックは何者かもわかっていない。ブルーを紐づけるブラックを監視すること、という仕事の意義も見失われていき、自分が「誰でもない人間」になっていく過程が不安を掻き立てられた。

訳者あとがきには、『オースターは、カフカ、ベケット、安倍公房といった作家たちと比較されてきた』とある。あぁ、なるほどと思った。安倍公房的だなと思った。前作の『ガラスの街』は『燃えつきた地図 (新潮文庫) [文庫]』のようだし、『幽霊たち』は若干『他人の顔 (新潮文庫) [文庫]』に近い。共通するのは、自身の存在が揺らいでいき、不安にさせられる点。安倍公房が好きな作家なので、ポール・オースターもこの系統なのかと分かって満足した。

そういえば、以前TOEIC対策のために英語リーディングを強化しようと、以下の洋書で本作を読もうと試みたのだった。結局ブルーがブラックを監視し始めたところで止まって、本棚に置いておいたのにどこかに消えてしまった。幽霊みたいに(本作の「幽霊」は全く別の象徴なのだけどね)。


新潮文庫のほうは130ページと少ないし、訳も読みやすいのですぐに読めると思う。特に最後のほうはペースが速まる。しかし、分かったような、分からなかったようなもやもやしたものが読後に残る。よって、またいつか再読だ。



幽霊たち (新潮文庫)
ポール・オースター
新潮社
1995-03-01

読むべき人:
  • 探偵小説が好きな人
  • 安倍公房が好きな人
  • 不安になる小説が読みたい人
Amazon.co.jpで『ポール・オースター』の他の作品を見る

bana1 幽霊クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星