September 07, 2015

人生ドラクエ化マニュアル

キーワード:
 JUNZO、ドラクエ、ゲーム、人生、楽しむ
人生のゲーム化指南本。以下のような目次となっている。
  1. 第1章 人生はドラクエ化できる!
  2. 第2章 人生のゲーム目的
  3. 第3章 人生の敵
  4. 第4章 人生のゲームルール
  5. 第5章 仕事のゲーム化
  6. 第6章 ゲームスタート
  7. 第7章 ゲーム世界の創造主、宇宙との対話
(目次から抜粋)
説明するまでもないRPGのドラクエのように人生もゲーム化することによって、楽しみながら仕事ができるようになったり、日々感じている「不安」が「ワクワクドキドキ」に変わり、自分の人生を生きられるようになり、やりたいこと、人生の目標が見つかって、人生が変わるぞ!!という本。

ゲームに限らずスポーツなどもゲームの3大要素、目的、敵、ルールで構成されており、人生にもこれらを投入すれば、ゲーム化できるという理論から、そのためにやるべきことの具体例が過去の偉人だったり著者の実体験から示されており、各章を読むたびにアイテム「賢者の石」を手に入れたり、「賢さ」がアップしていくという構成になっている。

ドラクエはファミコン版の3、スーファミドラクエ5、6、スーファミ版ドラクエ3、ドラクエ7、PS版ドラクエ4、PS版ドラクエ5、ドラクエ8とプレイしてきた。最後にクリアしたPRGは大学時代にやったドラクエ8で、社会人になってからはゲームをほとんどやらなくなった(パズドラを少しやってたけど、最近スマフォ機種変時に辞めた)。なぜなら自分の人生のゲームをプレイするのに必死だったから。しかし、今振り返ってみると、本当にこれは自分の人生のゲームであったのか?そして楽しめているのか!?とふと疑問と不安がよぎっていたので、本書を紐解いたわけだ。

自分の人生に限って言えば、本書で示されているゲームの3大要素の一つである「敵」は予期せぬ障害と姿を変えて勝手にあらわれてきた感じだった。そしてその敵を倒せたり、倒せなかったりだった。自分の人生には、「目的」と「ルール」の要素をあまり意識できていなかった気もする。「目的」がなくても生きていけるし、それに縛られても仕方ないじゃないかと思う反面、TOEICなどの資格試験を通して目的(目標)を設定した方がいきいきできることは実感している。でも人生の目的はまだ未設定で。

そしてルール。ルールを知らなければ勝てないし、攻略法も思いつかない。特に仕事なんかはこの勝つためにルールを先に習得した方がいいのだけど、あんまりできてなかったかなと思った。

本書で一番重要だと思ったのは以下だね。
敵との闘いに勝った時だけではなく、負けても、さらには途中で逃げても経験値が増える。
(pp.130)
特に仕事面で負けっぱなしの僕にとってこれほど勇気づけられる言葉はない!!ドラクエだったら全滅するとゴールドが半分になって経験値も得られず、教会から再スタートになるけど、リアル人生ゲームでは、死なない限り!?は負けた経験値が次に活かせるということ。そして最大のリスクは敵と闘わないでじっとしていることとある。なるほどなと思った。しっかり負け要因を分析しなければだけど。

あと以下も個人的には重要なので列挙しておく。
  • コマンド作ってOKルール:いくらでもコマンドを増やせるので、選択肢は無数にある。
  • 自分の土俵で闘えば勝てるルール:土俵は自分で選べる。しかも得意な土俵を。得意な土俵で闘えば勝てる。
今まで負けたのは、とりあえず仕事(敵)は選ばずきたもの(エンカウントしたもの)はやってみる(闘ってみる)で、勝ったり負けたりした。負けた方はどう考えても、自分の得意分野ではなかったかなと。

そんで、今はちょっと持病の状態が悪化しているので、作戦名がリアルで「いのちをだいじに」な状態になっている(と言っても入院したりするようなものでもないけど)。常に「ガンガンいこうぜ」で行くと再起不能になってゲームを楽しむどころではなくなってしまうし、宿屋に1泊したらHP, MPが全回復するわけでもないからね。なので、しばらく仕事は休職になるかもしれない。普通は使わないコマンドを自分で生成して発動した感じか。戦略的撤退って感じでもある。今後の体制を立て直すためにね。そのあとおそらくダーマ神殿経由で転職かなw

一昔前はこういう状態に陥った時は不安で仕方なかったけど、まぁ、今まで何とかなったし、本書を読みながら今後どうするかを考えてもいるので、不安半分、ワクワク半分といったところか。仕事はほとんどしてないので積読本を消化したり、映画をたくさん見たりできるという状況は楽しめている。なので、このブログの更新頻度はなるべく高くしていきたいところで。

自分の人生を生きること、が直近のテーマであった。本当に今までは自分で選択してゲームのように楽しめていたのだろうか?と。自分の人生を選んでいるようで、結局誰かに選ばされていたり、他人が見た夢を自分も同じだと錯覚してそれに追従してたり、そもそも選択肢がなかったりという状況もあった。しかし、ある程度ゲームのルールも分かってきたし、経験値も積めたのだし、一度しかない人生なのだから、常に不安と恐怖感に苛まれて憂鬱な顔をして電車通勤して日々を浪費している状況から抜け出して楽しみたいと思った。

あと、人生を楽しむ参考になる冒険の書みたいなものがあればいいね。以下がおすすめ。ついでにドラクエ気分を盛り上げるためにBGMもあったらいいね!


これはiPodに入れてて、「冒険の旅」とか海外旅行中に聞くといいし、ゾーマ戦の戦闘曲「勇者の挑戦」がテンション上がるのでいいよ。

あと余談だけど、2016年発売予定の『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が激しく気になってて、またドラクエやりたいと思った(そもそもPS4とテレビも買わなくちゃいけないけど)。もちろん、自分の人生のゲームも楽しみつつ。




読むべき人:
  • ドラクエが好きな人
  • 仕事を楽しみたい人
  • 自分の人生を生きたい人
Amazon.co.jpで『ドラクエ』関連の他の商品を見る

bana1 ドラクエクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星