September 13, 2015

賭博者

キーワード:
 ドストエフスキー、ルーレット、破綻、賭博狂、女狂い
ドストエフスキーの実体験が元になっている小説。以下のようなあらすじとなっている。
ドイツのある観光地に滞在する将軍家の家庭教師をしながら、ルーレットの魅力にとりつかれ身を滅ぼしてゆく青年を通して、ロシア人に特有な病的性格を浮彫りにする。ドストエフスキーは、本書に描かれたのとほぼ同一の体験をしており、己れ自身の体験に裏打ちされた叙述は、人間の深層心理を鋭く照射し、ドストエフスキーの全著作の中でも特異な位置を占める作品である。
(カバーの裏から抜粋)
この作品で777冊目の更新となる。なので、その数字にふさわしいのがなんかないかと積読本を探してみたら、半年前ほどに買って半分ほど読んで、時間的に余裕がなくて読むのが面倒になって放置していた本作品があったので、改めて読み返してみた。一気に読んでみるとなかなか面白かった。

解説を読むと、ドストエフスキーの実体験が元ネタになっているらしい。1860年代に最初の妻マリヤが結核で死にかけているところに、ドストエフスキーよりも20歳も若い学生のアポリナーリヤに出会って急速に仲が良くなる。二人はパリに旅行をするのを夢見ていたが、いろいろあってアポリナーリヤだけがパリに行っているときに、アポリナーリヤがスペイン人の医学生を好きになったが、棄てられて心に深い傷を負っていたらしい。ドストエフスキーはショックを受けて、結局アポリナーリヤを慰め「兄と妹」という関係でパリからイタリア旅行に行ったらしい。

その旅行中にアポリナーリヤの態度がよそよそしく冷やかになっていくので、ドストエフスキーにとって心苦しいものであったらしく、訪れる各地でルーレットの勝負をし続けたらしい。そしてたまたま会ったツルゲーネフから借金をしたり、時計やアポリナーリヤの指輪を質にいれたりしてまでルーレット狂いになっていたらしい。この体験が元になって本作品、「賭博者」が書かれたようだ。主人公アレクセイは25歳の家庭教師で、ある将軍につかえている。その将軍を義父とするポリーナに惚れているが、ポリーナから全然相手にされていない。あるところにポリーナからもらった金でカジノで儲けてきてと依頼され、そこからアレクセイはルーレット狂いになり、しまいには破綻していく…。

主人公アレクセイのルーレットによるギャンブル狂いの顛末がメインで示されていると思ったら案外そうでもなく、主人公を取り巻く人間と金の主従関係が濃密に描かれていた。将軍は借金を抱えており、伯母の遺産を目当てにしているが、伯母は将軍に相続する気はまったくなく、見せつけるように持っている金をルーレットで散在する。ポリーナはデ・グリューというフランス人侯爵に債権を握られており、金が要る。主人公アレクセイは金よりもポリーナが振り向いてくれることを切望している。それぞれの欲がカジノのルーレットのように回っているような、そんなイメージ。

カジノのルーレットで勝ちまくるシーンの描写は臨場感あふれ、なんだかこっちも勝っているような気にさせてくれるが、賭博狂いの行きつく先は負けと破滅なんだなと教訓が得られる。しかし、実態はルーレットによる金儲けのための賭博狂いになったというよりも、惚れた女のために狂っていったということだろう。勝ち続けて得た大金で更に勝負をするときにふと我に返って、自分の全生命がかかっている!!と気づくほどに。

そして決してその女は振り向いてはくれず、主人公に冷淡な態度をとったり、他の男に気があることをほのめかしたりして終始翻弄する。本作品は賭博狂いが表面上のテーマなのだけど、本質は主人公の一途な恋心を描いた恋愛小説だなと思った。

ドストエフスキーの作品は最初の50ページくらいまで読むのは面倒だけど、慣れれば会話ベースの物語なので、すらすらとページが進んでいく。勢いをつけて読むのがいいね。そのためには時間的にも精神的にも余裕がないと無理そうだけど。一応以前にこのブログで取り上げたドストエフスキーの作品は以下。他にも読んでない作品が多いので、地道に読んでいきたい。

777冊目として幸運の要素を含むようなギャンブル的な作品を意図的に選んで、今後の自分の人生を好転させるようにあやかりたいと思ったのだけど、内容は賭博狂いで破滅していく男の作品で、自分の人生のこの先が思いやられる気がしたw それでも惚れた女のために命さえも賭けられる男の気概を間接的に得たのだということにしておこう。あとは賭博、ギャンブルをやるなら余剰資金でやりましょうということだね。引き際も大事。

一応結末は希望のある終わり方だったし、面白かったのでよかった。



賭博者 (新潮文庫)
ドストエフスキー
新潮社
1969-02-22

読むべき人:
  • ギャンブルが好きな人
  • 借金がある人
  • かなわない恋をしている人
Amazon.co.jpで『ドストエフスキー』の他の作品を見る

bana1 ルーレットクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星