November 02, 2015

投資バカの思考法

キーワード:
 藤野英人、投資、お金、未来、人間
ファンドマネジャーによるお金と投資の本。著者は投資のプロとしての25年間の経験と知識を1冊に凝縮し、予測不可能な未来に対してどのように捉えて決断していくべきかを以下の7つの力として示されている。
  1. 洞察力…主観を排除し、情熱をフラットにとらえる力
  2. 決断力…やらないことを捨てる力
  3. リスクマネジメント…変化を受け入れる力
  4. 損切り…過去にとらわれず、今を評価する力
  5. 時間…時間を味方につける力
  6. 増やす力…経済とお金の本質を知る力
  7. 選択力…未来の希望を最大化する力
すべての力について詳細に紹介はできないので、一部だけ紹介していこう。

まずなるほどと思ったのは、日経平均株価の予測は誰にもわからないのだから、日経平均株価だけを判断するのはギャンブルに他ならないと。なので、個別に会社が伸びるか伸びないかを判断する必要があり、そのときに長期的に「営業利益と株価は、ほぼ一致する」と示されている。あまり営業利益を見ずに銘柄をチェックしていたので、これは注視していきたい。

また、会社の価値は、会社を取り巻くすべての人たちの思惑と行動で成り立っているので、安定した投資家として勝つためには「人間に対する理解」が不可欠とある。これはなるほど!!と思うと同時に、なんとなく僕も同じようにそんなことをぼんやりと考えていた。

そして人間観察のセンスは「読書」、特に著者の読書経験から文学作品から磨かれたとある。これはやはりそうだよねと思った。Amazonで何かの投資本のレビューで、投資で勝つにはドストエフスキーを読むのがよいと書いている人がいて、マジか!?と思ったことがあったけど、今ではそうかもしれないなと思ったりする。結局は会社といえど、社長、従業員、その会社の顧客もすべては人だから、著者の示すように、人に対する理解が重要なんだと思う。

さらに勉強になるのは、決算書などの情報はワンテンポ遅れた情報で、リアルタイムで実情を知るには街を歩いて情報収集するのがよいとある。そのときのポイントとして以下が示されている。
  • 大手家電量販店を定点観測する
  • 話題の店に行ってみる
  • 電車やバスの車内で、乗客を観察する
  • 聞き耳を立てる
  • 写真を撮る
聞き耳を立てる、以外はなんとなくやっていたけど、もっと意識的にやってみよう。特に電車内で観察するのはお勧め。例えば、スマフォ片手にゲームをしている人が多いけど、男性はだいたいパズドラをやっているけど、女性はどちらかというとディズニー ツムツムをやっている人が多いという印象がある。そういうのを観察しながら次に来るソシャゲ銘柄はどこか?と考えたりするのは面白いと思う。

著者の示す投資方法は最低でも3~5年は期間を見ましょうという感じなので、ファンダメンタルよりでもあるし、ファンダメンタルのようにPER、PBR、ROEなどの各種表面的な数値の指標だけに頼っていない、もっと人間的な部分に注目しているのが特徴だった。デイトレやテクニカル分析をメインとしたスイングトレードなどの短期のトレードにはチャートや気配値、出来高などをチェックしていくので、人に対する理解などと悠長なことは言ってられないだろうけど、各自好きな投資スタイルに合わせて適宜取り入れていくのがいいと思う。

僕としては、著者の考え方と似ているというか、人間的な部分に注目して投資し、中長期でやっていくのがあっていると思うので、この本の内容は結構勉強になるし、実践してみようと思った。

また、著者の以下の本もお勧め。実際に株式投資を2年前くらいから少額で始めているけど、投資を始める前はそんなリスクは負えないと思っていた。しかし、やってみると信用取引とかやるのではない限りそこまでリスクではないし、著者も示すように資産を貯金だけで保有していることの方がリスクだと分かってきた。また、世の中に対する理解とか関心とか、見え方も少しずつ変わってきて、面白くなった気がする。何よりも金儲けと考えるよりも、ゲームだと思ってやるとさらに面白い。

かといって、常勝できるわけでもなく、今年の6月ごろにボーナスを某ソシャゲ株に突っ込んで3倍になってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!と思ってしばらく静観してたら、突然下がりまくって売り時を逃して結局マイナスになって泣く泣く損切りもしたけどね・・・。買い時はなんとなくわかってきたけど、損切り、利確タイミングはいまだによく分からい。

そもそも投資をしようと思ったのは、持病もあるのでいつまでまともに自分の労働だけで収入を確保できるかわからないという危機意識があるから、早めに対策を立てておきたいというのもある。ということで、株式投資を初めていろいろと試行錯誤している状態。個人的には今年の相場は年末までまた一波乱ありそうかなと思う。11月4日に郵政銘柄各種が上場するしね。

本書は読みやすいし、難しい株式の知識などは特に不要で気軽に読める。株式投資だけの話でもなく、お金や生き方などの考え方全般を変えるきっかけになるような本だと思う。



投資バカの思考法
藤野 英人
SBクリエイティブ
2015-09-11

読むべき人:
  • 投資について気軽に学習したい人
  • 資産を貯金でしか保持していない人
  • ライフプランを見直ししたい人
Amazon.co.jpで『藤野英人』の他の本を見る

bana1 投資バカクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星