November 30, 2015

ジョコビッチの生まれ変わる食事

キーワード:
 ノバク・ジョコビッチ、グルテン、小麦、食事、自伝
ジョコビッチによるグルテンフリー推奨健康本。以下のような目次となっている。
  1. 序章 私を生まれ変わらせた食事―わずか18カ月でドン底から世界王者へ
  2. 第1章 バックハンドと防空壕―すべてのプロテニス選手が富裕層のカントリークラブから出てくるわけではない
  3. 第2章 夢を叶えた、私の食べ方―私はどうやって世界一のテニスプレーヤーになったのか?
  4. 第3章 オープンマインドになるだけで体は変わる―あなたの人生を激変させる14日間
  5. 第4章 あなたの動きと思考を邪魔するもの―頭と体を密かに鈍らせているものの正体
  6. 第5章 食事に関する、私のルール―勝利するための食卓
  7. 第6章 圧倒的成果を出す、思考のトレーニング―集中力強化とストレス解消戦略
  8. 第7章 誰でもできる簡単なフィットネスプラン―ビジネスにも日常にも活かせるエクササイズ
(目次から抜粋)
ジョコビッチ、と言う人はテニスプレイヤーだというくらいの認識しかなかった。どこの出身で世界ランキング何位かも全く知らなかった。食事に関して学ぶところがあると、お勧めされて読んでみた。ジョコビッチは上位テニスプレーヤーであったが、どうしても勝ちきれないでいた。試合中に動きが鈍り、胸は締め付けられて、呼吸もできなくなり昏倒してしまうということがあった。トレーニングを見直し、メンタル面も強化しても同じようなことが続き改善しないでいた。いろいろあって、原因は普段食べている小麦に含まれているグルテンという物質であり、そのグルテンを摂取しない食事を心がけたところ動きが改善されて世界ランク1位になれたとある。

本書はジョコビッチの食事内容をそのままトレースするようなものではなく、食事からフィジカル、メンタルまで総合的に見直しをして健康的になりましょうという本。ジョコビッチ自身も示しているように、肉体は一人ひとり違うので、ジョコビッチの最高の食事をそのままとってもらいたいわけではなく、読者にとっての最高の食事が何かを知る術を伝えたいとあった。

そもそもグルテンは小麦やライ麦、大麦などの穀物に含まれているタンパク質で、これを食べることによって速く血糖値を上げてしまい、そこで大量のインシュリンが体内で必要になり、内臓脂肪が蓄積され、毒物を放出し肉体のさまざまな部分に炎症を起こし、長期的に健康に影響をもたらすらしい。よってジョコビッチのような一流のアスリートだけではなく、普通の人もグルテンフリーの食事が推奨だと示されている。

そしてグルテンが含まれている食べ物はパン、パスタ類、ケーキ、ドーナツなどのスイーツ全般、小麦で作られたスナック類、ビールや麦芽から蒸留されたアルコール飲料、ソーセージなどの加工食品、一部の卵・ナッツ製品、マリネおよび調味料、一部の乳製品、加工チーズ、揚げ物の肉と魚などにまで多岐にわたる。これらをまず2週間できるだけ摂取しないようにすると、ジョコビッチの体の動きは各段に改善されたようだ。

本書の医学的根拠の説明の部分があまり詳しく示されていないので、本当に正しいのか?という部分は若干気になるところである。東洋医学的の研究例として、ポジティブな言葉をかけた水とネガティブな言葉をかけた水の違いが云々という記述などはいかがなものかと思うが、そこはジョコビッチ自身研究者でも専門家でもなく、本書全体を通して自分がうまく行った事例を紹介しているだけなので大目に見るべきところか。グルテンフリーの仕組みや根拠については別の本を参照したほうがよさそうだ。

僕は腎臓障害を患っているので、1日のタンパク質の摂取量を合計40gまでにする食事制限をしなくてはならないから、結果的にある程度グルテンフリーになっている。乳製品は極力取らず、パンもほとんど食べず、お菓子も基本的に食べない。パスタやビールは好んで飲み食いしてしまうので、それらを制限して2週間断つくらいはできる。しかし、揚げ物、特に大好物である冬場のカキフライを2週間も断つことはできるだろうか!?と激しい葛藤に襲われるwころもをつける前に小麦粉をまぶしたり、ころもそのもののパン粉に小麦粉が使用されているからね。ということで、実際にグルテンフリーをやるなら春以降かな。

日々の食事が自分の体にどれだけ影響を与えているのかを見直す良いきっかけになった。もしかしたら普段何気なく食べているものがアレルギー反応を起こして持病に影響している可能性も無きにしも非ずなので、ジョコビッチがやったように食物アレルギーの検査でもしようかと思ったりした。

本書はグルテンフリーや睡眠やストレッチについて主に言及されているが、ジョコビッチのセルビア・ベオグラードでの戦争下での生い立ちやテニスプレーヤーになるまで、テニスで勝つためにはコーチも含めたチーム戦であるということなどの逸話も興味深く読める。また、ジョコビッチの人徳というかプロフェッショナリズムがにじみ出てくるような内容で、そういう部分が健康志向とは別に参考になった。



ジョコビッチの生まれ変わる食事
ノバク・ジョコビッチ
三五館
2015-03-21

読むべき人:
  • グルテンフリーに関心がある人
  • 日々の食事を見直ししたい人
  • テニスプレイヤーの人
Amazon.co.jpで『グルテンフリー』の他の本を見る

bana1 グルテンフリークリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

トラックバック一覧

ジョコビッチの生まれ変わる食事作者: ノバク・ジョコビッチ出版社/メーカー: 三五館発売日: 2015/03/21メディア: 単行本 テニスのスーパースターが語った、グルテンフリー生活をまとめた本。 グルテンフリーとは小麦を一切食べない食生活で、小麦アレルギーのあったジョ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星