March 27, 2016

ストーリーで考える「見積り」の勘所

キーワード:
 中村秀剛、見積り、工数、コスト、勘所
システム開発時の見積りについて解説されている本。以下のような目次となっている。
  1. イントロダクション システム開発における「見積り」とは?
  2. 第1章 引き合いからヒアリングの準備まで
  3. 第2章 ヒアリングから提案方針の検討まで
  4. 第3章 提案方法のディスカッション
  5. 第4章 工数の算出
  6. 第5章 見積り金額の策定
  7. 第6章 全体を振り返って
  8. 第7章 より良い「見積り」のために
  9. 第8章 よくある落とし穴の紹介
(目次から抜粋)
本書は仮想のシステム開発案件をストーリー仕立てにし、システム開発をするときに必要な期間やコストを求める「見積り」方法が分かりやすく示されている。そして、見積りの流れとして以下のステップが示されている。
  1. 引き合い
  2. 資料の事前調査
  3. 客先訪問、ヒアリング
  4. 要件分析
  5. 実現方式検討
  6. 工数算出
  7. スケジュール検討
  8. 開発実費算出
  9. 見積り金額の合意
  10. 見積り提示
それぞれのステップで架空の登場人物たちのやり取りとサンプル成果物が示されていて、参考になる。

本書の主な想定読者は受注側のSI系企業の上流工程担当者である。なので顧客からの要望(RFP)に対してどのように提案していくか?、そしてそのときのシステム開発の見積りをどうやるか?を考えるときに参考になる。

見積り、といっても決定的な手法が確立されているわけでもなく、実際にプロジェクトを進めていくと要件が変わったり、使用する技術の不備などで開発工数が予想外に多くなったりで、スケジュールがずれてきて、結局当初の見積りからもずれることが多い。それでも経験を積んでいくしかないのだけどね。

そもそも本書を読んだのは、顧客側(発注側)の立場として開発ベンダーに開発要件を伝えた後に提示された見積りが妥当かどうか確認したいという理由からだった。要は、提示された金額は妥当かどうかを知りたかった。

しかし、『開発実費算出』の章で、「残念ながら金額の決定方法については、具体的な手順を説明することはできません。」と示されていて、肝心のところが載ってない!!と思った。そこは企業秘密的な部分であるし、会社によって人月単価は異なるから一般化できないところだろうから仕方のないところだけど、発注側としてはそこはサンプル的な数字でよいので示してほしかったかなと。

受注側が提示してくる見積り金額の妥当性をどうやってチェックするか?を考えてみると、適切な工数から算出されているか?を確認するしかないかなと。要は新規開発なり改修であったりするときの改修対象が網羅されているか、その対象の機能一覧がそれぞれどれだけの工数(人員とスケジュール、つまり人日、人月等)がかかるかを発注側もある程度計算するしかないかなと。そこで受注側の提示工数と乖離があるかどうかで判断する。競争入札の場合は、提案企業ごとに比較できるので、安い高いが判断しやすいが、1社単独の場合は、比較しようがないので、計算するしかない。

また、著者や著者の周りで何度か提案活動を進めていくなかで、「最低限これだけは必要ではないか」という見積り工数を算出するための元ネタになるドキュメントが以下のように示されている。
  • 作業内容一覧
  • WBS
  • スケジュール
  • 機能一覧
  • テーブル一覧、データモデル図
  • システム論理構成図
  • システム物理構成図
一部は設計工程で詳細に作るものなので、提案段階で詳細化はしないだろうが、それでも大雑把に作っておくことで見積りがわかりやすくなると示されている。受注側はこれらから見積りを実施すればよいし、発注側は見積りの根拠は何か?を問う時に受注側からこれらが提示されているかどうかで見積りの妥当性を確認できるのではないかと思う。

タイトルに『勘所』とあり、著者もイントロダクションで示すように、本書を読めば誰でもすぐに見積りが作成できるわけでもない。どうしても経験の積み重ねが重要になってくるが、何もわからない状態で経験を積み重ねるよりも、本書に示されている著者のこれまでの経験値としての『勘所』を基礎にして経験を積むほうがよいし、それぞれの章で示されるその『勘所』のコラムがとても勉強になる。

220ページほどで、内容もストーリー仕立てで会話調なので、すらすらと読めるし、分かりやすい。何とか1日で読了できた(実質4時間くらい)。僕のように発注側の人が読んでも勉強になるし、役立つ内容である。




読むべき人:
  • 上流工程を担当することになった人
  • 見積りの妥当性をチェックしたい発注側の人
  • ビジネス側の視点も強化したいSEの人
Amazon.co.jpで『見積り』の他の本を見る

bana1 見積りクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星