April 29, 2016

ブラッド・ミュージック

キーワード:
 グレッグ・ベア、パニック、パンデミック、細胞、救済
パニックSF小説。以下のようなあらすじとなっている。
伝子工学の天才ウラムは、自分の白血球をもとにコンピュータ業界が切望する生体素子を完成させた。だが、会社から実験中止を命じられたウラムは、みずから創造した“知能をもつ細胞"を捨てきれずに、体内に注射して研究所からもちだしてしまった……この新細胞ヌーサイトが人類の存在そのものを脅かすことになるとも知らずに! 奇才が新たなる進化のヴィジョンを壮大に描き、新時代の『幼年期の終り』と評された傑作
(カバーの裏から抜粋)
久しぶりにSF小説を読みたいと思っていたところ、年初に読んだ『戦略読書』にお勧めされていた本書を買って読んでみた。

あらすじは↑に示した通りで、研究者が偶然作成してしまった知能を持つ細胞、ヌーサイトがパンデミックのように世界中に蔓延していくというお話。前半戦は徐々に感染が広がっていくパンデミックものパニック映画的。主人公は特に限定されておらず、いろいろな登場人物に視点が変わる。その一人がスージーという若い少女で、家族全員が感染して別の存在に成り替わったのだが、スージーだけは元の生身の状態で誰もいない都市部を歩き回り、崩壊前のワールドトレードセンターのビルにまで行く。

この誰もいない街を闊歩していく描写は、ウォーキングデッドや28日後などのゾンビパニック映画的でもある。とはいっても感染者は別に襲ってくるわけではなく、ヌーサイトと同化して別次元の存在になりつつも元の人格を保持し、同化するように対話してくる。

結末は『幼年期の終り』的と評されているが、幼年期はオーバーロードによる世界の変革に巻き込まれる人類を描いており、あまり救いがない結末だけど、こちらはミクロの世界で人類そのものの救済のような結末になる。それが抽象的で精神的な描写が多く、情景を脳内再生するのが若干難しいのだけど。

テーマ的にも情景的にもデジャブ感いっぱいな感じがしたのは、これを元にしたと思われるアニメ、映画などが多いからのような気がする。なので、あまり驚きや新鮮味がなかった。描写はそこまで難しくはないのだけど、登場人物の視点がころころ変わるので、一気に読まないと全体像がぼやけてしまうなと。

面白くないわけでもなく、テーマ性もよいのだけど、ところどころの抽象的な描写、ヌーサイトとの対話の部分が若干かったるい感じがした。しかし、『幼年期の終わり』とともに傑作と評されるSF作品なので、読んでおいて損はないかなと思う。




読むべき人:
  • パニック映画が好きな人
  • 生物的なSFが好きな人
  • 人類の救済について考えたい人
Amazon.co.jpで『グレッグ・ベア』の他の作品を見る

bana1 ヌーサイトクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星