December 31, 2016

2016年に読んだ本総まとめ

毎年恒例のまとめ記事なので、今年も一応振り返っておこう。

まずは今年読んだ本の一覧は以下。

  1. 戦略読書
  2. Yコンビネーター
  3. クリムゾンの迷宮
  4. ウォール街のランダム・ウォーカー
  5. リーダブルコード
  6. 越境
  7. 帝国ホテル厨房物語
  8. 村上春樹 雑文集
  9. Webエンジニアの教科書
  10. ストーリーで考える「見積り」の勘所
  11. はじめよう! 要件定義
  12. リーン・スタートアップ
  13. ブラッド・ミュージック
  14. ニッチを探して
  15. 旅をすること
  16. マシアス・ギリの失脚
  17. 微睡みのセフィロト
  18. WORLD WAR Z
  19. 逃亡のSAS特務員
  20. Amazon Web Servicesではじめる新米プログラマのためのクラウド超入門
  21. Amazon Web Services企業導入ガイドブック
  22. 遺失物管理所
  23. ザ・プラットフォーム
  24. 聲の形
  25. この世界の片隅に
ちなみに去年の一覧は以下。今年は冊数がかなり減った。時間的に余裕がなかったわけでもないけど、転職して技術本をメインで読み込んでいたから時間がかかっていたというのもある。その割に技術本を読了できていないけど・・・。あとはPS4でゲーム漬け、Amazonプライムでアニメ漬けになっていたというのもある。

アニメを見た影響ではまり『Re:ゼロから始める異世界生活 1<Re:ゼロから始める異世界生活> (MF文庫J) [Kindle版]』をひたすら読んでいたので、トータル冊数は減っているかな。11巻までKindle版で読了したが、それは個別記事にはアップしていない。完結したらまとめて更新予定。

まぁ、バランスが大事だから、別に冊数が減った分、他のところで補完されているということにしておこう。

読んだ本をこうやって振り返ることで、今年1年何を意識して過ごしていたかがよくわかる。2月までは転職活動中だったということもあり、割と大局観を養うようなものを読んでいたと思う。言い換えれば、自分の人生の方向性を模索していたとも言える。

3月から転職して新しい職場でやっていけるようにと、技術本をメインで読み込んでいこうと思った。でも思ったよりも読了できなかったなと。今も結局途中まで読んで積読になっているものも多いし。本当はJavaScript本とか読了したかったし、今はLaravelのオライリー洋書をKindleで読んだりしている(読了まで数か月かかりそう)。

今年は冊数は少ないけど、読んだジャンルの本は割とバランスが良い気がする。ちゃんと技術本も読みつつ、SF小説、海外文学作品、ビジネス書、投資系の本、エッセイ、漫画なども読めたので。理想を言えば、このジャンルの網羅性で倍の量読めればいいのだけど、漫画、ゲーム(最近はFF15やってる)、アニメ、映画等の優先順位をうまくつける必要がある。これはもう永遠の課題。

今年読んだ本で一番を示すなら、コーマック・マッカーシーの『越境』かな。

越境 (ハヤカワepi文庫)
コーマック・マッカーシー
早川書房
2009-09-10


物語そのものが美しく芸術作品のようで、しかも内容が苦難に満ちた少年の成長物語で人生について考えさせられるような内容だった。また読み終えた当時は自分の方向性に対しての期待と不安が入り混じっていた時で、そういうときにタイミングよく読めたというのも良かったと思う。

来年はどうなるか見当もつかないな。ただ、もう少し技術本を読みこんでいきたいと思う。毎年そんなことを反省しているけど、結果的に全然ダメなのだけどw

ということで、2016年もこれで終わり。また来年

bana1 来年もよろしくお願いします☆  にほんブログ村 本ブログへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星