その他

September 13, 2009

海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点

海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応
海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応

キーワード:
 宮下裕介、TOEIC、900点、体験談、トレーニング
海外での勤務経験などがない著者によって、TOEIC900点取得までの経験談が示されている本。以下のような目次となっている。
  1. 第1章 成功のシステムを、脳の中に構築する。
  2. 第2章 最強のツールを装備する。
  3. 第3章 ベーシック・スキルを高めていく。
  4. 第4章 TOEIC専用スキルを高めていく。
  5. 第5章 エキストラ・スキルをENJOYする。
  6. 第6章 TOEIC対策本の査定(新テスト&IPテスト)。
  7. 第7章 モチベーションを持続させる方法。
  8. 第8章 IPテストスコアアップの方法
  9. 第9章 新テストスコアアップの方法
  10. 第10章 TOEIC900点の意味と価値。その先の風景。
  11. 第11章 終わりに。
(目次から抜粋)
著者は広告会社に勤めていた39歳のときに、海外経験なしにどこまで英語ができるようになるか?に挑戦しようと思い、900点取得を目標に立てたようだ。そして、540点のスタートから2年半をかけて925点を取得されたようだ。そんな著者によって、英語の勉強方法、TOEIC試験の対策、学習し続けるときのモチベーション維持方法などについて135の法則が示されている。

参考になった法則のタイトルを以下に列挙。
  • 002 英語学習に、コスト意識を持とう。
  • 003 お金をかけずに、時間を投資しよう。
  • 005 1000時間トレーニングすれば、900点は突破できる。
  • 007 英語学習は、続けさえすれば成功する。
  • 009 トレーニング時間を自己管理すること。
  • 014 TOEIC900点の自分をイメージしよう。
  • 015 目標に到達するためには、鉄の意志を持つ。
  • 022 英語学習の最強の武器は、iPodだ。
  • 028 リスニングを入り口に、英語の基礎力をつける。
  • 033 あまりに簡単な単語が聴き取れていないことに、まず驚こう。
  • 036 発音できない音は、絶対に聴き取れない。
  • 037 知らない単語は、絶対に聴き取れない。
  • 052 英文法は、オタクのように勉強しても仕方ない。
  • 060 スコアが伸びない時期は、悩まない。ただし、原因は徹底的に分析する。
  • 062 TOEICスコアが低いのに、英語力がある人はいない。
  • 075 TOEIC対策だけでは退屈だ。遊びながら英語を楽しむ。
  • 081 モチベーションを持続させる雑誌や番組をチェックする。
  • 086 英語で日記を書いてみる。
  • 087 凡庸な本とつきあう時間はない。
  • 100 人間のエネルギーは、欲望から生まれる。
  • 101 人間のエネルギーは、好きだという気持ちから生まれる。
  • 104 どんなに忙しくても、あまっている無駄な時間はある。
  • 108 自分の努力をむやみに人に話すと、エネルギーの内圧が下がる。
  • 112 各パートが、英語力の何を試しているか、理解しよう。
  • 118 事前に、どこまで問題や選択肢を読めるかが勝負だ。
  • 125 本文の表現を、別の言葉で言い換えている選択肢。それが答えだ。
  • 135 英文を読む総量は、やや増えた。より速く読むスピードを身につけよう。
ちょっと多すぎたか・・・。まぁ、それだけなるほどと思う部分が多かった。詳細については示さないので、気になる部分があったら、本屋で探して立ち読みしてみるとよいかも。

本屋で何気なくタイトルを見て買って読んでみた。海外経験のない人が900点を取るには、ここまでやらなければいけないのか!?と若干不安になったと同時に、自分もやれそうな気がするとも思った。何というか、この本で『トレーニング』という言葉が多く出てくるが、まさにスポーツ選手のごとく毎日英語に触れてトレーニングしなければ900点は取れないような気がした。

基本的に著者の実体験が示されているので、900点取得までの勉強法などはとても参考になるし、TOEIC対策本の評価まで載っているので、よい内容だと思う。ただ、著者の勉強法が絶対ではないので、参考にしつつも自分に合うものを取り入れていけばよいと思う。

TOEIC対策の勉強を続けていると、どうしてもモチベーションが下がってくる。そもそもなんでここまで勉強するんだっけ?とか、勉強してもスコアが上がらなかったらどうしようか?とか。そういうときに、この本を繰り返して読めば、モチベーションを維持できるのではないかと思った。繰り返し読める内容だと思う。

著者によれば、900点という点数は、英語の中級者レベルらしい。さらに、900点と950点には大きな実力差があり、さらに990点満点はかなりの実力があると示されていた。そんなものなのかなと思った。

そういえば、先月8月8日に受験した社内TOEICの結果が返ってきた。結果は、580(L:345, R:235)と、前回から15点微増。リスニングは50点増だったのに、リーディングは45点減・・・。なぜリーディングがここまで低いのか・・・。過去最高の悪さに近い・・・。リーディングが下がっていなかったら、予定通り600点越えだったのに・・・。まだ新TOEICに慣れていないのだろう、ということにしておく。

さて、今日は、第149回公式TOEICテストの日。もちろん、受験。目標は、700点。9月の時点で700点を超えてないと、今年中に860点まで上げるという目標が危ぶまれる。一応文法問題を解いて、リーディング対策を手厚くやったがどうだろうか。

英語学習には、確固たる動機付けが必要らしい。そして、なぜ英語を勉強するのか?を自分なりに考えてみた。
  • 海外で自分のビジネスを展開したいから
  • 英語で自分の本を書きたいから
  • 英語は金になるので、金持ちになるため
動機は思いっきり不純でいい。それこそが自分の原動力になる。

上記のように動機付けをしたが、ストレングスファインダーで『最上志向』の強みを持つ身としては、挑戦欲がかきたてられる。そこに山があるから、山を登る、というように、TOEICもスコアアップしながら自分の英語力をレベルアップする、という挑戦をしたくなるのだと思う。自分自身に対する精神修行とも言える。

さて、今年中に860点が目標だが、人生の100のリストに990点満点を取得すると書いてしまった以上、もっとストイックに英語のトレーニングをしなければね。(`・ω・´) シャキーン



海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応
海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応

読むべき人:
  • TOEICを受験している人
  • TOEICで900点以上取得したい人
  • ストイックに精神修行をしたい人
Amazon.co.jpで『TOEIC』関連の他の本を見る

bana1  TOEIC TEST受験クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


August 08, 2009

TOEICテスト 実力アップのテクニック

TOEICテスト 実力アップのテクニック―絶対間違えない勉強法と参考書選び
TOEICテスト 実力アップのテクニック―絶対間違えない勉強法と参考書選び

キーワード:
 中川徹、英語、TOEIC、勉強本、参考書評価
東大在学中に司法試験に合格し、新TOEICテストで990点満点を獲得した著者によって、TOEICの勉強の仕方、試験中のテクニック、さまざまな既存TOEIC参考書について評価されている本。以下のような目次となっている。
  1. 第1章  TOEICとは何か
  2. 第2章  勉強の「質」をアップする本の使い方
  3. 第3章  勉強の「時間」をアップする勉強法
  4. 第4章  実力を発揮するための試験テクニック
  5. 第5章  分野別勉強法
  6. 第6章  TOEIC満点への道
  7. 第7章  TOEIC対策本「使い方」レビュー
  8. 第8章  990点対談
  9. TOEIC実力アップのためのチェックリスト
(目次から抜粋)
巷にはTOEIC対策本があふれているが、中には部数を稼ぐためだけのダメな本もあったりする。しかし、ほとんどの本はいい本であるが、TOEICの点数が上がるかどうかの違いは、本の使い方の優劣にあると示されている。さらに、「本の使い方」はTOEICの点数アップにとって非常に大切と主張されている。

以下特に勉強になった部分を列挙。
  • 時間がある人、英語の知識面に不安がある人、TOEICの形式を知っている人は、実力UP本に取り組まない限り点数は上がらない
  • TOEICは単語力がかなりものをいい、知らない単語は聞き取れない
  • すぐに意味が出てこない単語はあなたが知っている単語とはいえない
  • 英作文は、自分で英文を組み立てるので、文法及び単語を能動的に使うことができる
  • 英語を聞き流すだけでは、英語はうまくならない
  • 着実にTOEICの点数を上げるには、英語を優先順位の2番目(仕事の次)にもっていく必要がある
  • 「柔軟に計画を組み替える」ことと「点数に一喜一憂しない」ことが重要
  • ペーパーバックを読むことによって、「多読」力が養え、英語が怖くなくなり、文脈で単語を推測できるようになる
  • パート5は1問30秒程度で解く
  • パート7はリーディングよりも情報探し(スキャニング)の能力が問われている
  • パート7のわけがわからない文章の場合は、適当にマークして次に進む
本当は勉強テクニック部分なども細かく示したいのだけど、それはネタばれしすぎなので、自重。

この本は、勉強法とTOEICの各パートの攻略法、さらには既存のTOEIC本の評価まで載っているので、かなりお得な1冊だと思う。特にどの参考書を選べばよいかわからない人には重宝すると思う。

著者は司法試験も合格しているような人なので、その勉強法がこの本に遺憾なく発揮されていると思う。『グルグル勉強法』というものが示されており、それは、問題集を解いていくときに、何回も繰り返す必要があるが、そのときに間違えたものだけを対象としていくというもの。そうすることによって、効率よく実力アップができるようだ。

このようは勉強本は、一度読んだだけではそれにしたがって勉強しているかどうかわからないので、定期的に読み返し、実行できているかどうかをチェックする必要がある。

今年は割りと資格取得年間であるので、TOEICも例外ではない。なんせ年始の目標で860点まで上げる!!と決めてしまったので、コミットしないわけにもいかず・・・。半年過ぎたあたりでそういえば英語の勉強をまったくしていないことに気づき、焦りつつも夏からの後半戦に追い込みをかけているところ。

ちなみにTOEICの過去最高は、大学3年時に大学で受験したIPテストの705点だった。それから、入社時の社内TOEICでは600点を切り、それからしばらくTOEICに遠ざかっていた。そして、やっぱり英語勉強しなきゃだめじゃないか!!と思い立ち、3年ぶりくらいに今年の5月末に受験したら、565点・・・。新型のテストに変わっていたし、久しぶりで慣れていないというのもあったので、その点数だったのだろう。

夏は英語づけの予定なので、そのうちペーパーバックや技術書の洋書が更新されるかもです。

あと、Twitterが英語の勉強に適していると思う。特に英作文とか。140文字限定なので、多く書く必要もないので、気軽に投稿できる。また、以下のようなTwitterの英文タイピングゲームにも参加しているので、やってみたい人はどうぞ。なぜ英語を勉強するかというと、英語は金になるから。勝間さんも英語ができるかどうかで、年収が大幅アップになるかどうかの境目になると示しているし。他にも、ハリウッド女優とデートするとかアフォな野望もあるので。

(;´Д`)

ということで、午後から社内TOEICを受験してくる。700点は超えたいなぁ。その次は9月13日の公式テスト。

さてチャレンジングな目標を立ててしまった以上、やり遂げてみせる!!



TOEICテスト 実力アップのテクニック―絶対間違えない勉強法と参考書選び
TOEICテスト 実力アップのテクニック―絶対間違えない勉強法と参考書選び

読むべき人:
  • TOEICの実力アップをしたい人
  • TOEICの勉強法がわからない人
  • 英語をマスターして金持ちになりたい人
Amazon.co.jpで『TOEIC』関連の本を見る

bana1 Summer English Addictionクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


July 27, 2008

モテる男の会話術


モテる男の会話術

キーワード:
 播摩早苗、コーチング、コミュニケーション、会話術、モテ
コーチングが専門の著者によって、女性にモテる会話術が示されている本。以下のような目次となっている。
  1. Lesson1 「オンナのコにモテる」ってどういうこと?
  2. Lesson2 明日は合コン!という人のための必勝術
  3. Lesson3 要チェック!!だからあなたはモテないんです
  4. Lesson4 「合コンを制する者はビジネスをも制す」のだ
  5. Lesson5 二人の関係が深まるスキル
(目次から抜粋)
著者はR25で、コーチングをもとにした合コンの記事を書いていたようだで、さらにその内容の続きをブログで書いていたようだ。そして、この本は、以下のようなことが書いてある。
 ブログを書き進めていくうち、「モテるためのコミュニケーションとしてコーチング」は、宴会や接待でも使えるスキルであり、同姓の友人や家族にも使って欲しいスキルだと思いました。 つまり、オンビジネスでもオフビジネスでもコーチングは有効なのです! 
 だから、若いビジネスマンにコーチングを身について欲しい!のです。その導入が「合コン」でも、「モテテク」でもこの際OKでしょう!
(pp.5)
男性むけに女性にモテるための具体的な会話術が示されている。最初は、表紙のイラストとか口語体の文体からそんなに内容に期待していなかったが、これはとても勉強になった。なるほど!!と思う部分がかなり多かった。

以下、ポイントを絞ってその会話術を列挙。
  • 「女は(容姿の)いい男が好き」という理論は男性の側の思い込みの割合が高く、いかにも癒してくれそう!というオトコのほうが人気
  • 女性は圧倒的に「話を聞いてもらっているときに包容力ややさしさを感じる」
  • また会いたくなる人は、元気な人、声の明るい人、一緒に笑える人、価値観の近い人、受け入れてくれる人など
  • オンナのコは、自分自身を魅力的に感じさせてくれる相手を求めている
  • 「自分は恋愛に何を求めているのか」「自分らしい生き方をするために、パートナーに求めることは何か?」を考えてみると恋愛に振り回されない
  • 魅力的な人は「自分の魅力」を知っている人
  • 合コンでは第一印象が大事なので、「今日はありがとう」「会えて嬉しい」「来てもらって光栄だ」と素直に感謝を述べる
  • 会話を盛り上げるコツは、自分が話っぱなしにせず「あなたは?」と聞くこと
  • 一生懸命話してくれる人のほうが、「まあまあ」「別に」と言うよりずっと好感がもてる
  • クローズドクエスチョンは、ただ確認しているだけのつまらない会話に陥る可能性が高いので、オープンクエスチョンで質問する
  • 女性の会話から「分析」「解決策押し付け」は悪者探しをされているように感じるので、オンナのコはうんざりする
  • 「自慢」はすなわち自身のなさの現れ
  • 女性をほめるときは、服装などから感じたままを認めて言ってあげること
  • 「ご飯食べない?」よりは「ご飯食べよう!」と誘われるほうが、気分明るくなる
  • 本当にアタマのいい男は難しい話を分かりやすく話せる
  • 一緒にいて楽しいと感じさせるには、笑顔で話を聞くこと
  • 女性は、自分が人生のヒロインであることを実感したいので、話を聴くときは、「楽しそうに」反応する
  • 女性の会話は、ちょっとだけの情報で、全部分かった気にならないこと
  • 価値観の違いなどで嫌われないように本音を隠すよりも、自分の思いを素直に示したほうが良い
どれもなるほどと思う部分が多かった。特に一番耳が痛いなと思ったのは、何でも分析して、こうすればいいと解決策を示してしまうことはあまりよろしくないというところ。ついつい、自分の特性からそういうことをやってしまい、無意識のうちに自分の有能さをアピールしてしまう・・・。そういう場合は、しっかり共感してあげることが重要なようだ。

また、質問はオープンクエスチョンがいいというのは、知らなかった。入社直後の研修では、常に相手が答えやすいようにクローズドクエスチョンで質問しろと教わったので、ビジネスと女性との会話は少し違うのだということが分かった。クローズドクエスチョンは、相手から適切な答えを時間を無駄にせず聞きだす方法で、仕事をする上では有効だが、普通の会話でそればかりだと相手が息苦しく感じてしまうようだ。だから、オープンクエスチョンで質問すべきだとあったので、なるほどと思った。これもつい無意識のうちにクローズドクエスチョンをやってしまうから気をつけよう。

この本は、すべて女性の視点から示されているというところがポイントだと思われる。著者自身も女性で、どのようにオトコの会話の良し悪しを感じているかがとても参考になる。

イラストも多く示されており、また口語体でわかりやすく示されているので、とても読みやすい。気軽に読めると思う。

会話術のコーチングを基にしているので、コーチングのこともそれなりに分かると思う。また、コミュニケーションを円滑にするには、相手に関心を持って相手の話を聴いてあげるということが重要なような気がした。また、相手をほめてあげるということもできるようになると、女性に好かれるだけでなく、ビジネスにおいても、同僚、上司、顧客にも好かれて出世するようようだ。これはとても参考になると思った。

モテ本ということで、若干マニュアルっぽい感じがして読むことに抵抗があったが、読んでみると目からうろこなことが多く書いてあったので、読んでよかったと思う。あとはこれを基に実践あるのみだが、いかんせん、人見知りの激しい自分を何とかしなければとも思う。

読むべき人:
  • 女性にモテたい人
  • 合コンを間近に控えている人
  • コミュニケーションスキルを磨きたい人
Amazon.co.jpで『播摩早苗』の他の本を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1


June 21, 2008

ボウリング上達BOOK


ボウリング上達BOOK―ぐんぐんスコアがのびる

キーワード:
 酒井美佳、ボウリング、スコアアップ、スペア、スネークアイ
酒井美佳プロ監修による、ボウリングの技術が解説されている本。以下のような目次となっている。
  1. Part1 華麗なフォームでストライクを決める
  2. Part2 4歩助走で基本のフォームを!
  3. Part3 練習でフォームを修正
  4. Part4 ボールの球種と使い分け
  5. Part5 レーンを研究してストライクを狙う
  6. Part6 スペアをマークし高得点を狙う
  7. Part7 ハイスコアを生み出すボール&シューズ選び
  8. Part8 スコアの見方・ルールとマナー
(目次から抜粋)
趣味はボウリング、ということにしているので、どうせならスコアアップして楽しみたいと思って買って読んでみた。自己流では全然だめだということがよくわかった。

まえがきで、アベレージ150点を目指すなら、スペア確実にとること重要であると示されている。そして、この本では、スペアをとるための実践テクニックにページを多く使っていると示されている。以下、完全に自分の勉強メモ。
  • バックスイングは、振り子の力で自然に上がった腕の位置が自分に合ったバックスイングの高さになる
  • よいフォロースルーは、正面にいる人と握手をする感じで、まっすぐ前に腕を伸ばし、そのまま振り切る
  • フックボールを投げるには、親指は10時の方向をキープ
  • スペアには曲がらないストレートボールが有効
  • スパットを目標にして投げることをスパットボウリングという
  • スパットを目標に投げればボールは安定する
  • アベレージ150以上を狙うなら、ハウスボールよりもマイボール
  • スペアが取れればボウリングが楽しくなる
大体こんなところか。もちろん、もっと具体的にいろんなことが示されているが、今の自分はこれが基本になると思う。いつもラインが一定しないので、フォロースルーがダメなんだと思う。

自分でも、フォームが綺麗だと思ったものはストライクになる。しかし、少しでもダメだと思ったら、大抵左に流れていってしまう。また、スペアをしっかり取れないと、スコアアップができないというのはよく実感する。いつも9ピン倒して1ピンだけ残るというのが続くので、それをしっかり倒していけば、スコアアップを望めるのではないかと思った。

7−10番ピンが残った状態を、セブンテンとい言うらしいが、蛇の目に似ているから通称スネークアイと呼ぶらしい。へーと思った。

ちなみに、ボウリングボーリングは別物。Wikipediaの記事が参考になる。タイプするときは間違えないようにしよう。

前頁カラーで写真つき。酒井美佳プロの華麗な投球フォームの連続写真はとても参考になる。内容的には、かなり初歩的なことから図解で解説されている。用語の説明とか、ボウリングの起源などコラムも載っている。ちなみに、明日の6月22日は、ボウリングの日らしい。この本は明日書評すればよかったかな。

アベレージが120前後なので、もっとスコアアップしたい。他にも健康維持のためにやっているという側面もある。さて、今から実践してくるか。

読むべき人:
  • ボウリングがうまくなりたい人
  • スペアが取れない人
  • 酒井美佳プロのファンの人
Amazon.co.jpで『ボウリング』の関連書籍を見る

にほんブログ村 本ブログへ 役に立ったらクリック☆  bana1