ネタ記事

November 13, 2008

【ネタ記事】8月〜10月書評Feed Back!!

完全に書評が滞っている・・・。決してサボっているわけでもなく
今日の夜こそ書評します。

ということでつなぎのネタ記事を。

早朝書評をしていた8月から10月の書評について振り返ってみる。

早朝書評をしていたときに、読書30分、書評30分の1冊計60分でこなす!!と目標を立てていたんだけど、それが達成できているかどうかを分析しておく。また、リアルで会う人に、一冊あたりどれくらいの時間をかけているのか?とよく聞かれるようになったので、一覧データを示すという意図もある。

ストレングス・ファインダーで分析思考 (Analytical)の強みを持っていたり(【ネタ記事】3300万分の1の強み)、エニアグラムタイプ5であったり、タイプわけテストでアナライザーであったりすることもあり、データを取得し、そこから何かを導出することが割りと好きなほうで、書評データもそれなりに取っていた。データは全てExcelで管理していた。

Excelファイルは以下のリンク先から、7日間限定でダウンロード可能。

一応、リンク先の『ウィルススキャンβ』というところでウィルススキャンをするのを推奨。特に会社などの仕事先でダウンロードしようという人は。

いちいちファイルダウンロードマンドクセという人は、以下の画像を見て雰囲気をつかめばいいと思う。Book List
このように、読んだ本のタイトル、ジャンル、ページ数、読書時間、書評時間、5段階評価、一言感想、書評記事リンクなどを記録していた。

特に重要なデータは、読書冊数と読書時間、書評時間になる。以下、3ヶ月の書評冊数になる。

書評冊数グラフ

8月は23冊、9月は15冊、10月は23冊となっている。早朝書評を毎日できていたわけではないようだ。そんなに忙しかったはずはないのだが、読んでいる本の難易度、読む本の気分でだいぶ冊数は変動するようだ。月30冊以上書評しようと思ったら、本当に厳密にスケジュールとモチベーション管理をしないと無理なようだ。

次は、各月の読書時間の平均値、書評時間の平均値、書評合計時間の平均値グラフ。

書評時間グラフ

正確なデータは以下のようになる。

書評時間表

9月の書評時間の平均値が高いのは、やたらと時間がかかるものがあったため。それが例外値になって、数値が大きくなっている。それがなければ、書評時間にだいたい50分前後かかっていることになる。しかし、これは朝のスピード書評と夜のマッタリ書評を含めたデータなので、結構ばらつきがある。しかし、例えば10月の朝書評データだけで平均値を取ると、52分と算出される。そもそも夜書評のデータが少ないので、全体の平均値のみで、おおむね朝書評時間の平均値とみなしてもいいと思う。

読書時間の平均値のほうは、どうしても各月ともゆっくり読んだ本が多いのでこのような結果になっている。

もう時間がないので、適当に結論を。

読書30分、書評30分の合計60分の壁は厚い!!

実際に時間を計測しながら記録してみて、このように振り返ってみると、やはり難しいものだと思った・・・。この時間を厳守するには、そうとういろいろと切り落とさなければならないということになる。

というような分析タイプのネタ記事でした

暇な人はじっくりこのデータを分析してみると良いかも

bana1 面白かったらクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


November 09, 2008

【ネタ記事】3300万分の1の強み

残念ながら今日も書評なし・・・。書評を楽しみにされている方、申し訳ないです・・・。今読んでいる小説が進まないので・・・。

ということで、ネタ記事。

【セミナーレポート】坂田篤史氏講演 ロジカルブランディング11/1(土)in渋谷

このセミナーで、自分をブランド化するための自分を代名詞化するようなキラーキーワードを設定しろ!!と教わったので、それをちょっとだけ考えてみる。

自分の場合、これの導出プロセスに、ストレングスファインダー(Clifton StrengthsFinder)を利用するといいんじゃないかと思う。

これは、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』で示されている、自分の強みを把握するというもの。34個の強みから上位5つを選び出す確率は3300万分の1らしい。これを自分のキラーキーワードに当てはめられないかを考えてみる。

まず、自分の強みは、以下の5つになる。

  1. 収集心 (Input)
  2. 内省 (Intellection)
  3. 学習欲 (Learner)
  4. 分析思考 (Analytical)
  5. 最上志向 (Maximizer)
収集心が一番の強みということになる。これこそが自分、もしくはこの書評ブログを表現するものになると思う。

以下、各強みごとに分析。

1. 収集心 (Input)
これはどこに強く現れているかというと、この書評ブログの書評冊数であると自信を持って言える。書評冊数が400以上のところは、実はあんまりない。そして、収集心を表す一番のポイントは、この書評ブログは自分がなるほどと思った部分、感銘を受けた部分の引用のコレクションであるとも言える。つまり、書評ブログのタイトルとおり、『名言の図書館』とも考えられる。もしくは『情報のコレクション』。これらをキラーワードの候補としておこう。

2. 内省 (Intellection)
内省が一番強く現れているのは、引きこもり体質!?であることで、割と文学作品やエッセイ、思想書など自分の内面を深堀するようなものをよく読む傾向がある。ここで考えられるキラーワードは『瞑想』とか『思考』とか『賢者!?』とかが候補として挙げられる。

3. 学習欲 (Learner)
これも、この書評ブログの書評冊数に現れていると言える。かといって、学校の勉強は嫌いだが・・・。資格試験のための勉強とかも。どうでもいいことや自分の好きなものを学習するのが楽しくてしょうがない。ということで、造語で『楽習』とかはどうだろうか?『偏学』とか。あとは、このブログのテーマである、『博覧強記』とか。

4. 分析思考 (Analytical)
これは、自分はタイプ分けテスト(Test.jp -- あなた自身を知るサイト)で度数が70を超えるようなアナライザータイプであり、さらにエニアグラムがタイプ5(エニアグラムタイプ5)であることから、この強みを持っているのだと思う。常にどうして?なぜ?とか考えて分解思考をしている。なので、キラーワードは、『分析家』とか『アナライザー』とかになるのかな。普通すぎるか。

5. 最上志向 (Maximizer)
最後はこれ。常に最高のものを求める強みらしい。これがどこに現れているかというと、自己啓発本を読んで自分を高めたり、仕事で成長していきたいと思って激しい組織に身をおいているところからこの強みを感じられる。また、このキラーワードは、美味しんぼからインスパイアされて、『究極!?』とか『至高!?』とかがいいんじゃないかと・・・。他にも『VIP』とか『Gold』といった響きがいい。自分自身、動物占いが金ライオンでもあるので。

まぁ、完全にネタ記事になったが、もっと深堀しておこう。キラーキーワードの設定に限らず、自分自身を他人と差別化するには、一度自分の強みは何かを客観視する必要があり、このストレングスファインダーはよく使えると思う。

自分自身と同じ順位で同じ強みを持つ人は、日本で自分以外にいないということにしておこう。そもそもこのストレングスファインダーを実際にやっている人自体そこまでいないのだし。たとえ同じ順位、強みを持っていても、それを知らずに過ごしているだろうし。自分はすでに知っているし、それを活かしていこうと思っているので、たぶん、この特性、強みを持つ人間は、自分以外にいない

この強みを持つだけで、十分すぎするほどの差別化になると思う。あとは見せ方の問題で。これも後で考えよう。

bana1 役に立ったらクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


October 19, 2008

【ネタ記事】はてブトルネードまとめ

昨日ははてブトルネードが発生しましたが、こんな機会はめったにないことなので、この現象の分析をしておきたいと思います。

1. アクセス数
昨日は土曜日だったこともあり、アクセス数はユニークで6000越えを記録しましたついこないだまで、200を越えたらよいなぁと思っていたので、ざっと30倍のアクセス数になりました。恐るべしはてブトルネードの威力・・・。

以下は、忍者ツールズ(NINJA TOOLS / ブログ ホームページ アクセス解析 カウンター メールフォーム)の昨日の時系列アクセス推移です。クリックで拡大します。

access

こんなアクセス解析は実際に見たことなかったです・・・。毎回こうだったらよいのに・・・と思わずにいられません。

2. リンク元
最終的な上位リンク元は、以下のところになります。

ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ』さんのところからのアクセスが1番多かったです。このサイトの存在を知りませんでした。ネット上の記事リンクまとめサイトのようで、ここから1500ほどアクセスがありました。ページランクが5もある超人気サイトのようです。リンクありがとうございます

次に多かったのが、はてブの人気エントリーのところからです。現在はもう載っていませんが、ここから相当アクセスがありました。現在は、『読書』カテゴリのところにしっかりと残っております。転職は1億円損をする』のはてブはこの記事投稿時には、85もついております。いつもはほとんどはてブがつかないので、これは快挙としか言いようがありません。また、過去の自分のブログのはてブは以下です。はてブしてくださった方々、どうもありがとうございます

3. ブラウザ
ここまでのサンプル数を取得できることはめったにないので、ブラウザ(ブラウザ - Wikipedia)のシェアに着目してみたいと思います。昨日の訪問者のブラウザの内訳は以下のようになっております。

brower

Firefox 3.0(次世代ブラウザ Firefox - 高速・安全・自由にカスタマイズ)が1番多いという意外な結果になっております。これは、Firefoxがそこまで広まっているのかなぁ?と一瞬思いましたが、先月、先々月のアクセス解析を見てみると、1番多いのはInternet Explorer 6.0で、Firefoxは3番目でした。

これはどういうことかと考えると、たぶん『はてなユーザー、記事リンクまとめサイトを巡回するユーザーはFirefoxを好んで使う』ということだと思います。自分の勝手なイメージですが、はてなを使っている人はどちらかというと技術者志向の人が多いと思います。それは特にはてなブログを見ていると感じます。プログラミング、IT系の人気ブログはほとんどはてなのような気がするので、そのような技術志向の人は、IEなんか使うわけがなく、ある程度自由にカスタムできるFirefoxを好んで使うのではないかと思います。これは、面白い傾向だなぁと思いました。

あと、注目すべきは、Chrome(Google Chrome - ブラウザのダウンロード)ユーザーがOpera(Opera ブラウザ: すべてのデバイスに最良のブラウザを)ユーザーよりも多いということです。ブラウザのシェアでいつも影の薄いOpera・・・。Chromeは暇があればインストールしてみたいところです。

ちなみに、自分が使っているのは、IE7.0ベースのSleipnir(カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。)です。Firefox、Safariもインストール済みですが、CSSのブラウザチェック程度にしか使いません。使い慣れたSleipnirから移行するコストがかかるので。

そういえば、IE6.0でこのブログを見ると、右のサイドバーが落ちているので、何とか修正しなければなりませんね・・・。ネット利用者の1番シェアが大きいブラウザは、依然としてIE6.0のはずなので、これではダメですね・・・。そもそもIE6.0とIE7.0では、CSSが異なって表示されるのはどうかと思うんですが・・・。

4. ランキング変動
アクセス数によって算出している各種ランキングで、この書評ブログが大幅ランクアップしました。Yahoo!ログール(ランキング - Yahoo!ログール)で今日の急上昇サイトで自分のブログがピックアップされております。また、デイリーPVランキングTop100では、13位という快挙を成し遂げております。以下は記念キャプチャです(笑)

daily

なんだか自分のブログじゃないみたいです。まぁ、このランキングは一時的なものでしょう・・・。

BlogScouter(ブログスカウター powered by CyberBuzz)も大幅にポイントがアップし、114位という結果になりました。これもランキング下降前に記念キャプチャです(笑)

scouter

1日だけ人気ブログのランキングを味わうことができてよかったです。

5. はてブトルネードまとめ
今回初めて、はてブトルネードという現象を体感しましたが、これはすごい現象だなと思いました。はてブが増えていくのは、指数関数的な曲線を描いていくイメージに近いと思います。みんながはてブして注目しているものは、どんどん注目されて、さらにはてブがつけられていくということだと思います。はてブは、ネット上のクチコミに近いものがあると思いました。

自分のブログの記事が常時はてブされているわけではないので、『どのような記事がはてブがつきやすいか?』ということに関してはなんとも言えません。そもそもなぜ転職本がここまではてブされたかもよくわかっていません。客観的に考えるなら、それだけ多くの人の関心を引く話題だったからということでしょう。そして記事クオリティが高いもので、いろいろ考えさせるようなものであれば、はてブがつくのではないかと思います。

また、個人ブログではてブがつきやすいのは、結構長文記事だったりするんじゃないかと思います。はてブがつくようになるには、読むに耐える文章力が求められるのではないかと思います。自分もまだまだなので、文章読本を読んだりして文章力を高めなければなりませんが。

はてブトルネードでアクセス数の壁を一つ越えた感じがします。一時的ですが。アクセス数を大幅にアップさせようとするならば、地道にSEO対策をやるよりも、はてブがつきやすい記事を更新し続けたほうがいいのではないかと思いました。結局、いくらシステマチックに検索サイトをだますようなSEOを施したとしても、最終的に見るのは人なので、多くの人の関心を引くような記事がないと定期的にアクセス数は増えないのではないかと思いました。もちろん、地道にSEO対策をして検索に引っかかるようなものでないと、そもそもブログの存在を知られることはないので重要だと思いますが。

あとははてブトルネード後にどれだけ定期読者を引き込むことができるかにかかっているかと思います。このはてブトルネード以前と以後でアクセス数の平均が増えたのなら、この書評ブログの価値がそれなりに認められたことになると思います。

はてブトルネード、ブログのアクセス数、ネットのトレンドなどは奥が深いなぁと思いました。このはてブトルネードでいろいろ勉強させていただきました。

はてブしていただいた方々、このブログを訪れてくれた方々、どうもありがとうございました。これからも淡々と、あまりはてブを意識せずに書評を更新し続けます

(`・ω・´) シャキーン

bana1 はてブトルネードクリック!!  にほんブログ村 本ブログへ


September 28, 2008

【ネタ記事】個人名刺作成方法(後編)

【ネタ記事】個人名刺作成方法(前編)
【ネタ記事】個人名刺作成方法(中編)

に続いて、最後の後編です。これまで個人名刺の重要性や作成方法を示してきましたが、最後は今後のトレンドや個人名刺を持ったことによる変化などの自分の意見を示しておきます。続きを読む


September 27, 2008

【ネタ記事】個人名刺作成方法(中編)

【ネタ記事】個人名刺作成方法(前編)に引き続き、名刺作成方法のネタ記事の中編です。

中編は実際の名刺デザインについてです。今回の名刺のデザインは、かなり理屈っぽく考えました。その名も『ロジカルデザイン!!続きを読む


【ネタ記事】個人名刺作成方法(前編)

以前から予告していた個人名刺のまとめ記事でもアップしようかと思います。この記事は主に以下のことを示してあります。

  • 1. 個人名刺を持つことの重要性
  • 2. 個人名刺の作り方
  • 3. 個人名刺交換後の印象
  • 4. 個人名刺ブーム
最近個人名刺を作ったこともあり、セミナー参加後のフィードバックも得られたので、少し個人名刺について自分の経験を共有できたらなと思います。続きを読む


【ネタ記事】足あとから導出されること

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方』の著者である、小飼弾氏が自分の書評記事を見てくださったようです。

なんでわかるかというと、足あと帳 - Yahoo!ログールに足あとが残っているからです。

小飼弾のアルファギークに逢ってきた』のときもしっかり見ていただいたようです。しかも、ご本人のはてぶにしっかり自分の記事が登録されました。

はてなブックマーク - 404 Bookmark Not Found

ありがとうございます。


このことから、何が導かれるかというと、以下のことだと思います。

  • Yahoo!ログールはかなり便利なブログツール!!
  • 書評は、著者に読まれる可能性がかなり高い!!
ということだと思います。

ブロガー同士のつながりや交流、また『仕手流トルネード』(参考記事)を実践するときに、Yahoo!ログールはかなり便利です。ブログを書いている人が、マイミクならぬマイブログ?のごとくお気に入りを登録することで、そのブロガーと交流しているブロガーやいつも読んでいるブログなどがわかります。

また、Yahoo!ログールで自分自身のブログのブランド価値がわかりやすくなります。単純にアクセス数なども把握でき、ブログ規模などもわかりますが、一番重要なのは、ファンリストだと思います。このファンリストは、文字通り自分自身のブログのファンということで、このファンの数で自分のブログの人気度がわかります。ファンが多いほど、ブログとしてブランドが確立していると言えるでしょう。

この記事を書いている時点で、この書評ブログに8人のファンの方がいます。どうもありがとうございます。固定ファンがつくと、がんばって更新し続けられるモチベーションアップにもつながります。最近になってファンが増えたので嬉しい限りです。


また『書評は、著者に読まれる可能性がかなり高い!!』というのも、やはり著者の方から直接コメントをもらったりメールをもらったりするので、実際に書評を読まれていることが多いと思います。なので、間違ったことは書けないし、かといって手放しでいいことばかりを書くというのも微妙になるので、書評というのは難しいものだなぁと思います。

結論です。
  • You、Yahoo!ログールを導入しちゃいなよ(屮゚Д゚)屮
  • 著者に読まれることを前提で、自分の書きたいことを書いちゃいなよ....〆(・ω・` )カキカキ
ということだと思いました。

以上、ネタ記事でした。
おしまい☆

bana1 役に立ったらクリック☆  にほんブログ村 本ブログへ


September 24, 2008

【ネタ記事】Ambitious Note

午堂登紀雄氏の『脳を「見える化」する思考ノート』を参考に、野望ノートをつけることにした。

Ambitious Note Vol.1

First Page

帰り道に新宿三丁目の世界堂 / 画材・額縁・文具の専門販売店で5ミリ方眼タイプのB5サイズのリングノート数冊と、野望を綴るための専用4色ボールペンを買った。

ノートはこれ。
EUROLINE/NEW PRODUCT/マルマン株式会社

野望っぽく赤い表紙で。表紙の紙はサイトからダウンロードして印刷して別のものに変えられるようだ。自分の野望のコラージュ写真でも作って入れておこうかな。よりイメージを実現化しやすいように。

とりあえず適当に書いてみた。
note
こんなんでいいのかなぁ〜。
どうしても図やイラストよりも文章で書きたくなる。文筆家業特性があるからかなぁ

まぁ、いいよ。
とりあえず、宣言どおり、野望ノートをつけ始めたことに意義がある。

それにしてもこんなネタ記事はこっちのブログでは違和感ありまくりだ・・・。

名刺作成ネタも早くアップしなければね。

それにしても眠い・・・。

('A`)

bana1 野望ノートスタート応援クリック☆  にほんブログ村 本ブログへ